スプリングフィンストラップ

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

海コラム

コラムニスト: マージイ

Vol.06 スプリングフィンストラップ

ここに指入れて引っ張るだけです。

皆さんはフルフットタイプのフィンとストラップタイプ、どちらがお好きかな?

フルフットのあの、何があってもアナタの足首から離れませんわ的フィット感。

これは捨てがたいものがありますなあ。


マージィはその昔、ロンディンXラバーなんちゅうフルフットのゴムフィンを、

薄手のブーツに合わせて使っておりました。

どんな強い流れにも負けない優れたフィンでしたが、

あまりに酷使したためか、あちこちが千切れて来て、

いろんな接着剤でくっつけながら愛用を続けたものの、

最後には天寿を全うされてしまいました


このフルフットタイプ、コツさえつかめばなんてことはないのですがね、

どうも履いたり脱いだりがやりにくいという声が多いですな。

ある意味、フィット感とのバーターみたいなもんですから慣れるしかないのでありますが。


そこへいくとストラップタイプは楽チンです。

サッと足突っ込んで、ピッとストラップ引っ張ればよろしい。

脱ぐときなんかパッチンとバックル部分から外してやりゃ良いんですもの。

ただ問題がひとつ。


エントリー前に調整しておいたストラップが、潜行するに連れて余って来ちゃう。

アナタにも経験お有りでしょ?水中で脱げそうな気がして何度も何度も締め直したこと。


これを解決し、いつでもフィット感を維持しながら、履いたり脱いだりがすっごく楽!

という魔法のような商品がこれ、GULL〈スプリングフィンストラップ〉なのであります。

最初からこの仕様になってるフィンも多くなって来たけど、大丈夫、

各メーカーが交換用のパーツとして売り出してますから、

アナタのフィンにもワンタッチで付け替えられます。


履くときも脱ぐときも、

最後尾に設けられたアーチ部分に指を入れてビヨ~ンと伸ばしてやればOK

ストラップ引っ張ることも、バックルを外す必要もございません。

スプリングだから常に一定のテンションがかかってて、深場でも調整する必要なし。

一度使うと、もう手放せません、このイージーさ。

う~む、これぞ究極の便利コ・モノだなあ、と思うのであります。

各サイズ有り、足の大きさに合わせて長さを選んでね。


撮影協力/mic21池袋店

買って来てバックルごと取り替えるだけ。ワタシにも出来ます。
ほし店長