柳田満彦さん(伊豆海洋公園)

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

海コラム

コラムニスト: DO編集部

Vol.03 柳田満彦さん(伊豆海洋公園)

柳田満彦さん

(スキューバサービスステーションNASO代表)



*ガイド暦:26年 10000本以上

*メインフィールド:伊豆海洋公園 


愛用器材


マスク:TUSAM-27QB


スノーケル:TUSASP-175QB


BCSAS REYSON/RDV-J


レギュレーター:SHERWOODSB3600 クラシックアンダーアーム仕様


スーツ:UGO/ロクハン


グローブ:日アク/サーモグローブオリジナル指先補強品


ブーツ:UGO/I型足首特注ブーツ


ダイコン:①TUSAIQ850 ②SHERWOOD DIVEBRAIN


水中ライト:TUSATUL-300


スレート:マグネットノートMDX


指示棒:ほんけ堂/ウミウシクルクル


デジカメ:OLYMPUS/μ-タフ8000


◆イチバンのお気に入り

ロクハン


愛犬2匹!(関係ないかな?)




>>柳田満彦さん プロフィール


1961.5.1生まれ、東京都出身、伊東市在住26年目、うし年、おうし座、A型、環境省自然公園指導員、CMASJEFFエグザミナー、NAUI指導員、スリーアイ指導員

1986年から東海大学潜水訓練実験所(今の伊豆海洋公園)でミッチリと修行を積む。そのまま民間に移行した伊豆海洋公園(㈱益田海洋プロダクション)に入社し働く。1992年に同社から独立、以後現在に至るまでスキューバサービスステーション NASO(ナッソー)主宰をつとめる。


スポーツの世界では知る人ぞ知るフリッパー競技大会のモンスター。

49歳にしていまだに現役選手、日本記録を保持し続けている。


伊東に本拠地を置く伊東フリッパークラブ代表理事をつとめる。



>>柳田さんに、一問一答


Q:ダイビングをはじめたきっかけは?


東海大学海洋学部進学時からなんとなくできたらいいなと思っていました。

ダイビング部への入部がきっかけですが、

当時は伊豆海洋公園(IOP)が大学の付属臨海施設だったこともあり、

部活=IOPで修行があたりまえでした。

自分で言うのもなんですが、それはとてもキビシイ修行時代でした。


Q: 得意のガイディングは?


ガイディングってことばはちょっと照れくさいですね。

少しズレるかもしれませんが、主役はガイドさんではなく、

大自然だということを忘れずにしています。

私は見どころを事前にしっかりと押さえて、そこにそっとご案内するだけ。

そのときの状況に応じて、出来るだけ生物や景観がはっきりと

しかも美しく見えるようなルートやポジションに気を配るくらいしかできませんが……。


Q:(個人としての)夢は?


プランクトンの研究。

良い海で、良い施設、良い船を提供させていただくことです。

10000人参加で『フリッパーで海洋マラソン』を開催したいです。


Q: 好物は?


アルコールが一番。食べることも大好きです。

特に好きな食べ物と言われると出てこないのが不思議。

もしかすると胃に入れることが好きなのかもしれないです。


Q:好きなタレントは?


SNSD! 

スヨンとティファニーとソヒョンとユナさまあたりでしょうか。

恥ずかしくも悲しいくらいにハマッてます。




>>次回は、柳田さんのご紹介でーー


伊豆大島といえば、この方!

「ヤナギ」つながりで、柳場 潔さん(グローバルスポーツクラブ)です。

ほし店長