【ドリフト】

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

海コラム

コラムニスト: 岡 弥生

Vol.10 【ドリフト】

なりきりスーパーマン、最後に足を引っ張られる!?


ジョー:マリン、お前危なかったな〜。


マリン:ごめんなさい! 

気づいたら、身体がフワッと浮いて、あれよあれよと言う間に水面に……。


:蝶々夫人がお前のフィンを引っ張って止めてくれなかったら、安全停止ができないまま浮上してたぜ。


蝶々夫人:誰もが経験を積んで一歩ずつスキルアップしていくものよ。

でも、今回悪かったのは私のほうね。


:え、どうして?


:マリンにはドリフトダイビングに対応できるスキルがあると判断して

このポイントを選んだのだけど、ちょっと早かったみたいね。


:でも、安全停止までは順調だったのにな。


:ドリフトでは、船をアンカリングしない=ロープがないでしょ。

だから不安だったけど、エントリーして他の人たちに遅れないよう潜降もすばやくしようとがんばったの。


:水中ではけっこう流れも強かったけど、怖がらずにうまく流れに乗ってたわよ。


:うん! ジェットコースターみたいに、ピュ〜って流されるのも爽快よね。


:で、棚につかまって待っていたら、イソマグロやギンガメアジが流れに乗って出現!


:でも、ドロップオフの底に吸い込まれそう……と言って怖がる人もいるのよ。


:空を飛んでる感じで確かにゾクゾクするけど、私は嫌いじゃないわ。

スーパーマンになったような気分だったわ。


:オレは今でも、フィンが脱げたら、カメラが落ちたら……と思うことがあるよ。


:意外と小心者ねぇ。


:それは、一人前に中層で安全停止ができるようになってから言ってもらいたいね。


:でも、なんでマリンは、安全停止のとき身体が浮きそうになったんだと思う?


:ロープも何もない中層で、どこを見ていたらいいのか、わからなくて……。

自分が吐く泡を見てたら、いつの間にかフワッと。


:そういうときは、インストラクターの私を見ていてね。

水深5mをキープしているダイバーを見ていると、意外と同じ水深に留まれるものよ。


:なんなら、オレに熱い視線を送ってくれてもいいんだぜ。


:それはノーサンキュー。思わず吹き出して、レギュが外れちゃうかもしれないから!

ほし店長