高久 至さん(屋久島)

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

海コラム

コラムニスト: DO編集部

Vol.17 高久 至さん(屋久島)

高久 至さん

(屋久島ダイビングライフ)


*ガイド歴:6年  

*タンク本数:4000本

*メインのフィールド:屋久島


◆愛用の器材


マスク:TUSA/プラチナ

スノーケル:TUSA 

BC:TUSA/プラチナジェイスペック

レギュレーター:TUSA/RS130

スーツ:UGO(ロクハン両面スキン)

グローブ:なし  冬はGULL

ブーツ:GULL/スキンホットブーツ

フィン:SAS/パワーエムデン

ダイコン:Spro/エクステンダー

水中ライト:ダークバスター24ワット広角(ナイト用) 

      INON/LE240(スポットライト昼間用)

スレート:クエスト

指示棒:タンクを叩けるステンレスのものが多い

デジカメ:D700(ハウジングはネクサス) 

     Sea&Sea DX-1 など

その他:100円均一で売っている4倍虫眼鏡

(お客さんに生物の表情や細部を見てもらうために使用)




◆イチバンのお気に入り


D700。こいつには杢之介(もくのすけ)と名前をつけています。

佐賀藩の武士です。

そんな名前にしてしまったせいか一度水没しました……。

それでも愛おしい奴です。



>>高久さんのプロフィール



学生時代は大瀬崎でバイトをしながら潜っていました。

大瀬崎はまゆうマリンサービスで働きながら3年間潜りつづけ、

水陸含めた大自然に魅了され、屋久島に移住し、

屋久島ダイビングライフを立ち上げる。

趣味はダイビング&水中写真。

毎日海に潜り屋久島の海の季節変化を感じながら

写真に収めている



*血液型:B 型

*星座:おうし座

*出身:神奈川県横浜



>>高久さんに一問一答


Q1:ダイビングを始めたきっかけは?


大学時代にダイビングサークルに入ったこと 


Q2:ガイディング・ポリシー(得意のガイディング)は?


海を感じるフワフワダイブから海底を這って

mm単位の生物探しまで、ゲストの好みや個性に合わせて

フレキシブルにガイドしたいと常々思っています。

フォト派のゲストにも好みに合わせた被写体や

風景を見せられるように毎日海の調査をし、

季節ごとにグッと来る光景や生き物を探しています。


Q3:(個人としての)夢は?


日本中、世界中の海を潜ること。

自分の感じた海の世界をいろんな人に伝えること。


Q4:好物は?


ヤドカリ


Q5:好きな女性タレントは? 


テレビがないので流行が分かりません。

女性じゃないし、タレントでもないけど星野道夫さんを尊敬しています。


>>次回、高久さんからのご紹介で


「松川 宗一さん(アクアスペース)です。

コンパクトデジカメでここまで凄い水中写真を撮れる人を他に知らない!

生物やダイビングに関する造詣の深さはもちろんのこと、

生き物に対する接し方が優しく素敵! とっても尊敬しています!」

ほし店長