原崎 森さん(屋久島)

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

海コラム

コラムニスト: DO編集部

Vol.20 原崎 森さん(屋久島)

原崎 森さん

(屋久島ダイビングサービス 森と海)


*ガイド歴:13年

*タンク本数:10000本〜

*メインのフィールド:屋久島


●愛用の器材


マスク: GULL / マンティス ブラックシリコン

スノーケル: Cressi-sub / DRY

BC: SCUBAPRO / スタビライジング・ジャケット Traditional Orange

レギュレーター: NDS / ポレスター2

スーツ: UGO / 6.5mmダブルスキン

グローブ: 赤い軍手

ブーツ: UGO / オリジナルブーツ(5mm:タイプ2(波型底))

フィン: Cressi-sub / ロンディン PRO

ダイコン: SCUBAPRO UWATEC / アラジンプロ

水中ライト: INON / LE550-S

スレート: クエスト

指示棒: ステンレス製の指示棒

デジカメ: ガイド中は基本的にデジカメは持ちません

その他: 膝パット、カシオのSEA-PATHFINDER”潜水王”(ダイビングウォッチ)



◆イチバンのお気に入り


特にありませんが、フィンとダイコン、

ダイビングウォッチはすでに販売していないため、

オークションなどで出るたびに仕入れ、

常に複数個を常備するようにしています。




>>原崎さんのプロフィール


ネイチャーガイドになりたくて、

ダイビングのインストラクターとなる。

2003年12月まで、

八丈島の「レグルスダイビング」にて

フィッシュウォッチングのパイオニア

加藤昌一氏に師事し、ガイド修行。

ここでフィッシュウォッチングの面白さ、奥深さを学び、

当初は森と海の両方をガイドすることを理想としていたが、

海のガイド1本で行くことに決める。

5年間のガイド修行ののち師匠のお墨付きをいただき、

2004年4月、当初からの夢であった屋久島にて

屋久島ダイビングサービス 森と海を開業。


*血液型:B型

*星座:おとめ座

*出身県:山梨県



>>原崎さんに一問一答


Q1:ダイビングを始めたきっかけは?


海をフィールドとする自然ガイドを目指す過程で、

手段のひとつとしてダイビングを始めました。


Q2:ガイディング・ポリシー(得意のガイディング)は?


いつでも自分自身が心底楽しめるダイビング・スタイルで、

自分自身が面白いと感じた事をガイドをしたいと思っています。

僕は珍しい生き物を静止物・単体として見たり、

産卵のその瞬間だけを見物するような”点”のウォッチングよりも、

生き物のドラマや生き様をストーリーを追うかのごとく観ていく

”線”のウォッチングにわくわく感を感じます。

海は水族館と違って、生き物の社会行動が見られ、

生態系全体の”つながり”を見渡せるのが面白いところだと思っています。

なので、ガイドもその生き物が珍しいかどうか?ではなくて、

その生き物が何をしているのか?を重視した

ガイディングをしたいと常々考えています。

繁殖行動ひとつとっても、産卵というピーク観察だけを目的とするのでなく、

集団内の社会関係や求愛や争いなど産卵に至るまでの

過程を含めて楽しめればと思っています。


Q3:(個人としての)夢は?


毎日、毎日、好きな事(カメラを持って自然観察)だけをして暮らす生活に憧れます。。。

趣味であリライフワークでもあると思っている、

屋久島の海と生き物を観察し、記録し、

撮影する事に今以上打ち込めるような環境を整えたいです。


Q4:好物は?


特にありません。


Q5:好きな女性タレントは?


特にありません。



>>次回、原崎さんからのご紹介で


鉄 多加志さん(ダイバーズ・プロ アイアン)です。

”現地ガイド”という仕事にこだわりを持ち、

いつも真面目に考えている鉄さんに共感しています。

これからも三保の海に徹底的にこだわり、

green&mudな環境をガンガン紹介して欲しいです!

ほし店長