川本 剛志さん(久米島)

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

海コラム

コラムニスト: DO編集部

Vol.22 川本 剛志さん(久米島)

川本剛志さん

(ダイブ・エスティバン)


*ガイド歴:25年 

*タンク本数:18,000本

*メインのフィールド:久米島



●愛用器材


マスク:マンティス(仕事中は、これ)

BEUCHAT/スーパーコンペンザトール

(始めた当初の2、3年はこれを使っていましたが、

眼が怖い! ハンターの眼になってる!!(マスクフェイスが怖い)

と不評だったために、マンティスに変更。

でも、視野の広さから、撮影時などはこれも使っています)


スノーケル:TUSA


BC:TUSA Liberatorα

(消耗品なので、何でもいいのですが、

着用しててダボつかないシンプルな物がいいです。)


レギュレーター:アクアラング カリプソ XLC レギュレータ

(消耗品なので、何でもいいのですが、デリケートな器材ではなく、

特別に呼吸しやすくなくてもいいので、故障しづらい強い器材がいいですね)


スーツ:6.5mm 両面スキンかぶり&6.5mm 両面スキンロングジョン

(オリジナルオーダー) 3mmフードベスト


グローブ:ホームセンターで買える安価な丈夫なもの。


ブーツ:履いていません。


フィン:クレッシーサブ・ロンディンLとGULLバラクーダ

(より良い場面を演出する為に、回遊魚などをゲストの方に追い込む時に、

ともかくパワーが欲しいのでこれらのフィンを使ってます)


ダイコン:DC Sapience IQ-800・TUSA IQ-500

(常に2個以上持って入ります)


水中ライト:Fisheye/FIXLED1500DX


スレート: クエスト


指示棒:医療用の30cmほどのピンセットを使っています。

サンゴに害するオニヒトデやレイシ貝なども駆除できますし、便利です。


デジカメ:キヤノン5Dマーク・キヤノン50D


その他:フィルム一眼  Nikon/F4 (ハウジング アンティス)など多数



◆イチバンのお気に入り


カメラで言えば、みんなそれぞれ愛着がありますが、

最近はもっぱらデジカメばかりです。

そして、フィンは僕のガイディングには、かなり関わってくるので、

ずーっと同じものを使っています。

あとは、ピンセットかな(笑)。



>>川本剛志さん プロフィール


1987年、大学時代、

アルバイトの作業ダイバーをやっている時に

お世話になった先輩の薦めで大学を中退し、

久米島でダイビングサービスのダイバーズボムに就業。

5年後、独立してダイブ・エスティバンを立ち上げる。

NAUI・DACS指導員。

本業のガイドのかたわら、フィールドである久米島を中心に

生物の生態写真を撮影し多くの図鑑等に写真を提供する。

魚類・甲殻類・サンゴ・後鰓類・

冬に久米島を訪れるザトウクジラにも造詣が深く、

「全てはこの一本のために!」っと、

言いきる根っからのガイドダイバー。

著書に「イクティスウミウシスレート図鑑(沖縄版)」や

「エビ・カニガイドブック2沖縄・久米島の海から」

(阪急コミニュケーションズ)、

「球美の海ーベジタブルフィールドの住人たち」

(東方出版)などがある。



*血液型:O型


*星座:おひつじ座


*出身県:福岡県



>>川本さんに、一問一答


Q1:ダイビングを始めたきっかけは?


高校生の時に、義理の親父の働き場所に港があって、

そこの潜り漁師に教えてもらい、

大学時代にバイトで作業ダイバーをやり出した事かな…。


Q2:得意のガイディングは?


生物の面白さや素晴らしさ、また彼らの不思議な行動の理由を伝える事や

それに絡めて生物の生き様を捉える様な良い写真、

良い映像を撮ってもらうなど、

当たり前の事や具体的なことをあげればキリがありませんが、

人それぞれ、様々なニーズがあると思いますので、

僕が大好きな久米島の海で、面白かった! また、来たい! 

ぜひ、また、ガイドしてください!!と思ってもらえるようなガイドを

毎回毎回、惰性にならず、手を抜かずに誠心誠意、

楽しんでもらおうと心がけています。


Q3:(個人としての)夢は?


一生現役ガイドダイバー・・・かな。


Q4:好物は?


ドライフルーツ以外は、何でも好きです。

でも、まあ、魚かな〜。


Q5:好きなタレントは? 


特にいません。 



>>次回、川本さんからご紹介で


「田中 幸太郎さん(ダイビングクラブ コンカラー)です。

写真のセンスに表れているように、

フォトダイバーには、たまらないガイドダイバー!!

レグルスの加藤さんの下で修業しただけに生物の知識も豊富です。

一緒に潜ってみたい5本指に入るガイドかな?!」

ほし店長