ボートコート

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

海コラム

コラムニスト: マージイ

Vol.23 ボートコート

ONEILLのNEO COAT(左)。男子はこれくらいヘビーデューティなやつを。女の子は、これくらいの丈も可愛いですな。エアシェルター11(モビーディック)

例えばあなたがバリ島行って、ボートダイビング楽しんだとしますわな。

行きは良いですよ、行きは。

これから潜る海に期待してルンルン気分だし。


でもね、エクジットして港に戻る頃になると話は違います。

飛ばすよ、ボートは。

もうビュンビュン行くよ。

だってボートクルーだって早く帰りたいし、

浅瀬の海だと明るいうちに辿り着かなきゃだし。


するとあなたのカラダはシブキと風にたたかれて、

どんどん冷えて行くのであった。

これを理科では「気化熱」と習いましたね。

ウェットを着てようがドライスーツを着てようが関係ない。

さっきまでのルンルン気分はどこへやら、

カラダは芯まで冷えきって、歯の根は合わず、唇は変色し…。

いや、決して脅しているわけではありませぬ。

それを防ぐためには、こういった〈ボートコート〉を持ってなさいね、というお話。


特に冬は、ちょっと厚めのしっかりした作りのコートがオススメ。

少し大きめサイズでゆったり着ると、

女の子は可愛く見えてグッドだと思うなあ。


取材協力:mic21横浜本店

ほし店長