【八重干瀬】

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

海コラム

コラムニスト: 岡 弥生

Vol.32 【八重干瀬】

春の大潮がもたらす神秘現象

幻の大陸、ついに現る!?


マリン:幻の大陸が、日本にもあるらしいわ!


ジョー:ムー大陸のことか?


:ちがーう。

年に数回、潮がもっとも引く大潮の干潮時に現れるという巨大サンゴ礁よ! 

見てみたいのよね〜。


蝶々夫人宮古島八重干瀬のことね。


:やびじ? 


:以前は八重干瀬も「やえびせ」とか「やえびし」など、

地域によって呼び方が異なったんだけど、

数年前に「やびじ」に統一されたの。

ダイビングポイントもあるわよ。


宮古島と言えば、「通り池」に代表される地形ポイントのイメージが強かったから、意外だぜ。

宮古島のどの辺にあるの?


宮古島に隣接する池間島の北5〜15kmくらいにあって、陸からは見えないんだけどね。

なんと南北に約12km、東西に約8kmと広大で、日本最大級のリーフらしいわ。


:干瀬っていうのは、干潮のときに干出する瀬のことで、

そういった離礁が宮古島周辺にはいくつかあるんだけど、

八重干瀬には大小100余り、それこそ八重のようにあるのよ。


:それが、春の大潮のときには、海面から1mほど顔を出すんですって! 

見たいな〜。


:毎年旧暦の3月3日前後、一年でも潮位の差が大きい大潮時に、「八重干瀬まつり」が開催されて、

干潮に合わせて顔を出すサンゴ礁に上陸するツアーも出ているわ。

今年は3月23〜25日の予定ね。


:上陸、できるの? 


:もともと島の人々にとっては伝統的な行事「浜下り」がこの時期に行われるのだけど、

上陸して貝や逃げ遅れた魚などを女性たちが採っていたのよ。


:今では観光ツアーにもなっているってわけか。

そういえば、TVでもそういう光景を見たことがあったような気がするな。


:もちろん最近は、生き物の乱獲を防ぐための注意や

サンゴ礁の生き物の解説なども行われていて、環境保全にも努めているけどね。


:でも陸から離れているだけに、人の手が加えられていないサンゴ礁が広がっているんだろうな〜。 


:沖縄に残された、貴重なサンゴの楽園なんだなぁ。

ダイビングはいつがオススメ?


:八重干瀬のダイビングポイントは、島陰がまったくない所でしょ。

だから、風がおさまる夏場じゃないと、なかなか行けないわね。


:ますます行きたくなってきた〜。今年は、ぜひチャレンジしたいわ!


ほし店長