柔らかな甘〜いマスクにドキッ!鵜来島のガイド 早川昌平

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

海コラム

コラムニスト: DO編集部

Vol.03 柔らかな甘〜いマスクにドキッ!鵜来島のガイド 早川昌平

早川昌平さんにインタビュー


四国は高知県の鵜来島は住人30人ほどの小さな島。
手付かずの自然が残り、海にはたくさんの生き物たちが溢れる。
そんな鵜来島に恋しているガイド、ネイティブシーうぐるの早川昌平さん。

ガイド歴は2年だが、その優しく甘いマスクからは想像できないほど、鵜来島への情熱を燃えたぎらせる鵜来島期待の星だ。
その早川さんにガイドになったきっかけを聞いてみた。「学生時代のインストラクターに憧れ、自分もかっこ良くなりたい!と思い、ガイドになろうと決めました」憧れから始まったガイドへの道。今では「海は自分の母であり癒し。ガイドは天職であり生きがいです。」と語るほど海に惚れ込んでいる。
ガイドになってからは、同じ海に好きな時に潜れるるので、定点観察ができるようになり生態観察がしやすくなったと喜ぶ早川さん。それによって、大好きなピグミーシーホースの擬態を素早く見抜くことができ、それぞれの顔の違いが分かり、個体識別までできるようになったというからすごい!
早川さんにお願いすれば、自分のかわいい子を見つけてピグミーシーホース総選挙なんてこともできるかも?!
そんな早川さんおすすめの鵜来島オススメポイントを聞いてみると・・・
「親指というポイントです。細かくて綺麗な砂地がドーンッって広がっており、そこにはココでしか見れない珍しいハゼが多種存在しております。代表例でいいますと、深海魚のアカグツ、モリシタダテハゼ、ホタテツノハゼの一種、ナノハナフブキハゼ、キザクラハゼなど、大人気のボロカサゴの出現率も高いポイントです。是非一度、潜って頂きたいポイントの一つです。」との熱い答えが返ってきた。
ニコニコ笑顔と甘いマスク、鵜来島を愛する早川さんにガイドをお願いすれば、いつも以上にときめく素敵なダイビングができるに違いない。
今年の夏休みは鵜来島へのダイビング旅行でキマリ!!

早川昌平(はやかわしょうへい)DATA
 ガイド歴:2年 本数:1000本
 生年月日:1989年1月26日 血液型:O型
 身長:164㎝ 体重:52㎏
 好きな海の生物:ピグミーシーホース
 好きな異性のタイプ:かわうぃー子(笑)

ショップと海の紹介
ネイティブシーうぐるは、宿毛フェリー乗り場から徒歩30秒!また四国初のエンリッチドエア充填施設を設けています。エンリッチがあれば、ピグミーシーホース、ボロカサゴ、アカグツ、アケボノハゼなどのレア生物を、減圧を気にせずじっくり観察撮影する事が出来ます。また鵜来島、沖ノ島、姫島、水島を拠点に、ダイビングを行っており、マクロ、ワイドと両方楽しめるのが最高です!大人気ピグミーシーホース、アケボノハゼなどのマクロ生物は多数、アオウミガメの出現率もかなり高めです♪そして外洋ポイントでは、ジンベエザメ、ハンマーヘッドシャーク、マンタなどなどの大物生物に出くわすこともありますよ☆ダイビング船のシーホースは、温水シャワー、御手洗い、ダイビングに快適なタンクホルダーも設置しており、四国最大級の大型ボートでとっても快適です!



ネイティブシーうぐる
住所:高知県宿毛市片島11-3
TEL:0880-65-0235
営業時間:平日 10:00-19:00/土・日祝 07:00-19:00
不定休
詳細・予約はこちら

ニコニコ笑顔でお出迎え♪
ピグミーシーホースの個体識別もできます☆
ボロカサゴにも高確率で会えちゃいます!
名物のアカグツ!
ほし店長