ミラーレスのいいところ♪ Part Ⅰ

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

海コラム

コラムニスト: むらいさち

Vol.01 ミラーレスのいいところ♪ Part Ⅰ

これは東北の海で写したゴールドぎんぽちゃんです。 ミラーレスには、今までコンパクトカメラでは表現できなかった世界が 広がっているんです♪


☆★☆
最近やたら耳にしたり、海でも見かけるミラーレスカメラ。
そもそも「ミラーレスってなに?」という方も多いはず。

レンズを交換できるカメラには、大きく分けると2種類あります。
1つはファインダーをのぞくと、そのままの画像が見える「一眼レフカメラ」。
そしてレンズを変えられるけどセンサーを通した液晶画面を見て撮影をする
「ミラーレス一眼」(以下ミラーレス)と呼ばれるもの。
ミラーレスの最大の特徴は、ハウジングにセットしても
コンパクトにまとめられることです。
一眼レフカメラに比べて、ミラーレスカメラはとても小さいです。
そんなこともあって、「一眼レフカメラはちょっと……」
という方でも気軽にチャレンジできるのです(お値段的にも♡)。

ここだけの話……、
僕自身も実はミラーレスのこと、よくわかっていません……(汗)。
そこで、今回はOLYMPUSさんに突撃インタビュー。
「そもそもミラーレスカメラってどこがいいの?」という純粋な疑問をぶつけてみました。
さあ、ゆるフォト・ミラーレス編スタートです! ミラミラ〜♪

菅野さんにインタビュー

今回はOLYMPUS本社まで押しかけて、フォトマスターエキスパートの菅野さんにインタビュー。むらい的には、ミラーレスの構造には興味がなく、単純に「ミラーレスはどこがいいの?」ということを聞いてきました。構造を聞いて写真が上手になるのならば苦労しませんから(ちょっと毒。笑)

*******

さち ミラーレスのいい所ってどこですか?

菅野 まずは、ミラーが排除されているぶん一眼レフカメラに比べて小さくなりました。そして、センサーに写った画像を見ながら撮影できます。ということは、ホワイトバランスや露出補正など、実際に写る画像を見ながら撮影できるんです。一眼レフだと、毎回写した画面を確認しないといけないですよね? 当然失敗も減ります。
コンパクトカメラからステップアップされる方にとっては、レンズ交換ができるということも大きなメリットになると思います。

さち ミラーレスカメラとコンパクトカメラの写真の違いってなんですか?

菅野 ミラーレスのほうがセンサーが大きく、より多くの光を取り入れることができるので、色の深みや明るさの幅が違います。高感度で撮影したときのノイズが少ないので、暗い水中では力を発揮してくれます。また、レンズを交換できるので被写体の背景をボカしたりくっきり出したり調整することが可能です。レンズを交換できるので拡張性はとても高いですね。
オリンパスは水中撮影にも力を入れています。自社ハウジングを製作、ミラーレスカメラはオリジナルの水中ホワイトバランスも搭載しているので、水中写真を撮りたい人、始めたい人にはおすすめできると思います。

さち では、あこがれの背景がボケたり、ほわっとした写真がミラーレスではお手軽に撮れるということですね。ありがとうございました〜。

月刊ダイバー連載記事「ゆるフォト☆ミラーレス編」より
月刊ダイバー最新号の紹介はこちら

ほし店長