コスラエ・ステート・フェア

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

コラムニスト:コスラエ太郎
Vol.49 コスラエ・ステート・フェア


男性陣によるバンブー・ダンス

コスラエ語講座: Mihsenge arulacna fol.(ミセンゲ・アルレナ・フォル / 今日はとても暑いです。)

こんにちは!コスラエ太郎です!!
日本は夏真っ盛りで、日本各地で夏祭りが開催されていますね!
南国移住記の第49話は、コスラエのお祭り、「コスラエ・ステート・フェア」を紹介します。

コスラエでは日本の「夏祭り」ような、夏に開催される大きなお祭りはありませんが、
1年を通して定期的にお祭りのようなイベントがあります。

9月のリベレーション・デイ(独立記念日のような日)
12月のクリスマス・マーチング(その名の通りクリスマス)
この2つが島全体での特に大きなイベントで、それ以外にも地域ごとの集まりや小規模の集まりが、
1年を通してポツポツとあります。

その中でも「コスラエ・ステート・フェアKosrae State Fair」は、
屋台のような出店もあり「お祭り」気分を味わえるもので、毎年、開催時期が変わるのですが、
2013年は6月26日、6月27日の2日間、開催されました。

会場はコスラエ高校の広場で、コスラエのローカル・フードや手工芸品を購入できる出店が連なり、
メイン・ステージでは、男性によるバンブー・ダンスや、女性によるフラ・ダンスなどの
ダンス・パフォーマンスが行われました。

「コスラエならではのイベントだな」と思わせるのが、農作物の品評会です。
タロイモ、ブレッドフルーツ(パンの実)、バナナなど、
コスラエで獲れた作物の大きさや重さを競うものです。

さらに、メイン会場以外でもイベントは行われています。
大海原に舞台を移してのフィッシング大会です。
コスラエの腕自慢のフィッシャーマン(漁師)たちが、その熟練の技と経験を競い合います。

このコスラエ・ステート・フェアは旅行者も参加できます。
今年も数名の日本人旅行者が足を運んでくださいました。

現在のコスラエでは、レストランでローカル・フードを食べられる機会は少ないですし、
定期的にダンス・パフォーマンスを開催している場所もないため、
外国からいらっしゃる旅行者にはとても良い機会だと思います。

コスラエへのご旅行の日程を迷ったときには、
旅行日程をコスラエ・ステート・フェアに合わせるのも、
コスラエを楽しむ機会が増えていいと思います。

2014年は3月31日の週にカルチャラル・デイ(文化の日)と合わせて、
コスラエ・ステート・フェアを開催することが決まり、
今までよりも大きな規模で行われることになりそうです。

是非、みなさんもコスラエの「ローカル」に触れてみてくださいね!

次号はコスラエ太郎の南国移住記、記念すべき第50話です!
それではみなさん、Kuht fah ohsun !!(カット・ファ・オーシュン/またね!!)

コスラエ州政府観光局Facebook日本語ページ
または「コスラエ州政府観光局」で検索!

☆日本語専用メール・アドレス
Kosrae.fsm@gmail.com(日本語でどうぞ!)


女性陣によるフラ・ダンス


ローカル・フード販売中


手工芸品も購入できます


品評会に出展された農作物

ほし店長