コスラエのダイブ・ガイド紹介1 ノーティラス編

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

コラムニスト:コスラエ太郎
Vol.53 コスラエのダイブ・ガイド紹介① ノーティラス編


ダグさん(右)とサリクさん(左)の名コンビ

レンウォー!(こんにちは!)コスラエ太郎です!
南国移住記は今号から3話連続で、コスラエのダイブ・ガイドを紹介します。
第53話はコスラエ・ノーティラス・リゾートです。

コスラエ・ノーティラス・リゾートのダイブ・サービス
「ノーティラス・ダイバース」では、
ホテルのマネージャーでもあるオーストラリア人インストラクターのダグさんと、
コスラエ人ダイブマスターのサリクさんがコンビを組むことが多いです。
片方がダイブ・ガイド、片方がボート・キャプテンですね。
(ダグさんが不在の場合、息子のジョシュさんが登場。)

ダグさんの特徴は「安全第一」です。
ダイビング中ずっと浮き輪を握りながら潜りますので、
ドリフト・ダイビングでも現在位置がボートからはっきり分かります。

水深に関しても特別なリクエストをしない限りは、
20m以下まで潜ることは滅多にないです。

車の運転手に例えると、
「交通ルールを完璧に守る運転手」でしょうか。

サリクさんは小さい生物や分かり難い生物を見つけてくれます。
周りの色彩と同化しているオコゼや、
サンゴにすっぽりハマっているシャコガイなど。
さすがローカルの人の目は違うな、と感心させられます。

コスラエにダイブショップは3軒ありますので、
ショップ選びの際、参考にしていただければと思います。
コスラエ・ノーティラス・リゾートについてのコラムは、
第43話をご覧くださいね。

それでは、カット・ファ・オーシュン!(またね!)



ノーティラスのガイドは右手に浮き輪&左手に水中ライトを持って潜る


コスラエ州政府観光局Facebook日本語ページ

 

または「コスラエ州政府観光局」で検索!

 

 

 

☆日本語専用メール・アドレス

Kosrae.fsm@gmail.com(日本語でどうぞ!)

 

 

 

 

 

ほし店長