Vol.6 達人の中性浮力

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

コラムニスト:デューク山中
Vol.06 達人の中性浮力

海辺や水中でカッコよく見えダイバーの特徴は、すべての動きに無駄がなく、流れるようにスムーズ。
それに引き替え自身を振り返ると、動きはドタバタ、
心臓はバクバク、スマートな身のこなしなど程遠い……。
カッコよくスパッと決めるにはどうしたらいいのか。
ダイビングスルの伝道師、デューク山中が達人ワザを披露する月刊ダイバーの連載
「デューク師匠のワザ公開!」
第6回目は「達人の中性浮力」
本誌では、ダイビングスキルの要でもある中性浮力についてご紹介しました。

ダイバーオンラインでは、そのワザの一部を動画で公開!
月刊ダイバー2014年12月号と合わせてご覧ください。

1.ピタ止まりのテクをみがく「フィンピポッド」!

OWで習ったフィンピポッドは、呼吸で浮力が変わり、コントロールする感覚を身に付けるのに適したトレーニング方法です。ファンダイビング中、水深を変えてやってみると、憧れのピタ止まりテクニックをみがくことができます。

2.BCエアの抜けない姿勢VS抜ける姿勢
BCのエアを抜いているつもりでも、姿勢が悪いと抜けないことがあります。抜ける姿勢、抜けない姿勢を比較してみましょう。

2.砂を巻き上げません!
砂地からの泳ぎ出し、フィンピポッドを応用すれば、巻き上げずに泳ぎだすことができます。

本編は月刊ダイバー本誌でお楽しみください!
第5回目は2014年12月号で掲載されています。

月刊ダイバー12月号はこちら

ほし店長