iPhone6を水中へ連れていこう♪Nauticam iP6ケース

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

iPhone6を水中へ連れていこう♪Nauticam iP6 防水ケース

コラムニスト:ほし店長
Vol.104 iPhone6を水中へ連れていこう♪Nauticam iP6 防水ケース


カラーは青もあります

日常と同じように、水中でもスマホでパシャパシャ写真撮って、SNSでシェアしたり加工したりしたいなぁ…

ダイビングの楽しみは色々あるけれど、多くの人が楽しんでいるのが水中撮影。
水中撮影を楽しむためには、手軽なコンパクトデジタルカメラから本格的な一眼レフカメラまで、色々な選択肢があります。でも、一番手軽に水中撮影を楽しめるのはやっぱりスマホ!
普段使っているスマホで陸と同じように手軽に撮影ができたら、こんなに楽なことないですよね♪ ということで、今回紹介するのは、iPhone6の防水ケース☆

iPhone6は、広告などでも謳っているように写真の精度が本当に良くなっているので、今まで以上に手軽に水中撮影を楽しむことができちゃいますよ^^

今回紹介する防水ケースは、カメラのハウジングで有名なNauticamのもの。
本格的なシャッターレバーは、Nouticamのカメラハウジングと同じ感触でレリーズできる独自の機能を備え、従来のiPhone用水中ハウジングとは一線を画すシャッターフィーリングを実現。
それに、先行の姉妹機『NA iP4/5』やノーティカムミラーレス/コンパクトカメラハウジングと同様の「ロック付きダイヤルラッチ」を採用されていて、簡単な開閉と確実なシールを両立しているので、とっても安心できます♪


安心の設計です!

また、無料の専用アプリ「Nauticam iCam」をインストールして操作するので、私みたいに「機能が沢山あっても使いこなせない!泣」という人でも、安心して操作できます。 機能は、撮影モード(静止画と動画)、フォトギャラリー、ダイブトリップの記録に役立つログブック機能。
撮影した画像の確認から静止画&動画のモード変更がほとんど右親指だけで操作できちゃので、海の中でも簡単操作でとっても嬉しい♪

底面には三脚穴を装備しているので、グリップやステーを取り付ければ本格的なライティング展開が可能。
環境と設備を整えれば、超本格的な撮影が驚くほど簡単に、手軽にできてしまいます。その映像は、政府観光局が、国の観光PR動画に使うほど!
iPhone6、恐るべし!笑
水中三脚などで固定すればユニークなタイムプラス動画や、スローモーション動画も楽しめます^^

水深40mまで使用可能な防水構造なので、ダイビングはもちろん、スノーケル、サーフィン、カヤック、スキー、スノーボードなど、ありとあらゆるシーンで使えちゃいますね!


本当に簡単!

手軽とはいえ、iPhoneは毎日使っているものだし、データたくさん入っている大切なもの。
水没しないよう、以下のことはしっかり守りましょう!

・ちゃんとケースに挿入されている?異物が挟まっていない?しっかりチェック!
ちゃんと挿入されてないとケースが閉まらない事があります。

・使用後は温水でケースをすすぎ、しっかり乾かすこと
しっかりすすがないと塩ガミしてこれも水没の原因に!!

データのバックアップもしっかりとっておきましょう^^

お手元のiPhoneにこの防水ケースをセットするだけで、すぐにでも水中撮影が楽しめる!
いい時代になりましたね〜!笑

Nauticam iP6 防水ケース
価格:26,784円

対応機種:Apple iPhone 6
材質:ポリカーボネイト、ステンレス、ゴムなど
耐圧水深:40m
サイズ:W182x H96 x D50mm
重さ:400g(ハウジングのみ)
付属品:スペアOリング、Oリンググリス、Oリングリムーバー、ハンドストラップ
カラー:イエロー、ブルー

>>購入はこちら

コラムニスト

ほし店長
月刊ダイバーのショッピングサイト「Diver's store」で、商品の管理からモデルまで、すべてを担当する店長。冬でも潜るバリバリのダイバーです!
同じく海を愛し、情熱を注ぐ皆様のため、とっておきの海グッズを日々、探し中♪

>>Diver's store :http://diver.shop-pro.jp/

ほし店長