イケメン登場!GoPro「HERO4 session」体験&講習会

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

コラムニスト:ひろい さやか
vol.01 イケメン登場!GoPro「HERO4 session」体験&講習会に参加


7月16日、GoProの新製品2機種が発売になりました!
その同日に開催されたのが「GoPro Retailer Training Day」。
これは、GoPro日本総代理店・タジマモーターコーポレーションがGoProの最新製品を実際に体験して良さを実感してもらおうと、メディアや販売店、アスリートなどを招待し、開催したもの。
アメリカのGoPro本社からインストラクターを招いて、新製品の解説や都内のショートツアーで実際に最新機種種を使って撮影したり、撮影した画像の映像編集まで教えてくれるということで、「楽しみ~!」とワクワクしながら、私も参加してきました!


これが「HERO4 session」GoProオフィシャルwebサイトより

今回、発売となった新製品は「HERO4 session 」と「HERO+」の2機種。
特に、「HERO4 session」は、GoPro史上最小・最軽量のウェアラブルカメラ。 小さい上に、これまたGoProの大きな魅力の一つ、種類豊富なマウントのおかげで、さまざまなシーンでどこにでも取り付けて撮影できるので、今までにない迫力ある映像が撮れる!と世界が注目するカメラです。
TVでも紹介され、見てワクワクした方も多いのでは?実は、私もその1人です。
あんな小さいのに、こんな映像が撮れるの!?と、驚いていたのですが、すごいのはそれだけじゃなかったんです!
「GoPro Retailer Training Day」の模様と、実際に体験した「HERO4 session」についてリポートします!最後には、2015年度NO.1(7月17日時点)のMyご満悦ショット登場しますので、お楽しみに~♡(えっ?楽しみじゃない??)
さらに、この日に実際に撮影して編集したムービーも公開しちゃいます。

大型台風の接近する生憎の天気の東京の昼下がり。
開催会場に到着すると、すでに満席に近いたくさんの人たちが。注目度の高さが伺えます。
空いている席を探していると、一番前の方にイケメンを発見!しかも、すぐ後ろが空いてるじゃないですか~(✻´ν`✻)
早速その席へ。
どうやら、GoProの関係者らしく、色々準備しています。
若いし、おだんごヘアーだし、アシスタントかなーなんて思ってました。
「おいおい、何しに行ってるんだ」と思うかもしれませんが、実はこのイケメンがすごい人だったんです!

正体は後ほど……(乞うご期待!)

さて、いよいよ「GoPro Retailer Training Day」がスタート!
まずは、主催者でGoPro日本総代理店のタジマモーターコーポレーション会長の田嶋伸博氏が挨拶。
実はこの「GoPro Retailer Training Day」は、フィリピンやシンガポール、マレーシア、香港などをまわってきていて、日本が最後。世界各地を見てきた田嶋氏は、「世界にはGoProに対する熱いヒートがあり、世界を圧巻する凄さを感じている。この渦に日本も巻きこみ、もっと日本でヒートアップさせたい」と熱く語り、7月からは「GoPro Japan」が法人として新体制でスタートしたことも発表。


会長の田嶋氏。世界的なレーサーでもあり、GoProとの出会いも自身のレースの時。
実際にGoProを使いながら自身の経験や体験を通じて、開発に口を挟むこともあるそう。

その田嶋氏が「ぜひ日本にもGoPro本社のインストラクターを!」とアメリカ本社に懇願し実現した、今回の目玉でもあるGoPro本社のインストラクターによる講習。
しかも今回来ているのは、トレーニング専門のインストラクターTOP3の一人と紹介され、「おお~、すごい!」と期待はますます高まります!

朝、香港から日本に着いたばかりというそのインストラクターは、コーエン・サマーズ氏。名前が呼ばれ拍手が沸き起こる中…

私の目の前に座っているイケメンが立ち上がり、手を挙げながら(聴衆に挨拶しながら)前に進みでました。
そして前に立ち、英語で挨拶を始めました。

「………え!?…まさか??」

そう、なんとそのイケメンがコーエン・サマーズ氏でした!
この日一番の衝撃!!(←オイオイ^^;)


コーエン・サマーズ氏。溢れ出る才能を感じます。かっこいいー!笑

いや~、私の見る目は間違いなかった。真っ先に目がいってしまったもん。
と、自分の最初の単純行動を無理矢理正当化してみました。笑

そのコーエンさん(馴れ馴れしくてすみませんが、以降はこれで!)がGoProの新製品をこと細かに紹介してくれるわけです。
まず、今回の大注目商品「HERO4 session」で撮影された映像が上映されました。サーフィン、自転車、クライミング、スノーボード、スノーケリング、スカイダイビング、カヌー…さまざまなアクションシーンが次から次へと映し出され、その迫力は酔ってしまいそうになるほどすごい!
プロのアスリートたちのようになれなくても、映像を見るだけで、不思議と自分もやってみたい!と思ってしまいました。
「コンテンツが一番大事」とコーエンさんが言ったように、一番最初に動画を見せたのは、「HERO4 sessionてすごいだろ!」って言いたいのはもちろんですが、あくまでそれはツールであって、それを使って撮影した映像や写真がシェアされ拡散されることで、人の心を動かし行動に移すコンテンツになるんだ実感しました。

さて、この「HERO4 session」ですが、開発にかかった時間は、なんと3年。
まず誰が見ても分かる変化がその大きさ。サイズで50%、重量で40%の軽量化を実現。本当に手のひらに収まってしまうサイコロのような小さなボディにありとあらゆる可能性が詰まっていると思うとワクワクしちゃいます。
なにより、それを手のひらでコロコロと遊ばせるコーエンさんのかっこいいこと!(←ちょいちょい入れます。笑)
いや、真面目な話、これを持って使いこなしていることが「かっこいい!」と思わせる、そんな魅力がsessionにはあります。


コーエンさんが手にしているのが「HERO4 session」
この小ささ、驚きです!これを自在に操る感じがかっこいいんです!

そして、今まで当たり前のようについていたハウジングがなくなったのも大きな変化。
アスリートたちの激しい動きについていけることが大前提で造られているので、ハウジングがなくても、耐久性は抜群。コーエンさんが自身の首の高さ(大体1m50㎝くらい)から落としたり、コップの水の中に放り込んだりしながら証明してくれました。※10m防水です。
さらにコーエンさんは、
「あまり知られていないが、実はGoProのマイクのクオリティはとても高い。水は通さないが、音は通すという人間の耳とほぼ同じ構造になっている。いろいろなタイプの音が映像と合わせて、ウォータースポーツで録れるようになるし、それはとってもエキサイティングなことだと思う」と語り、新しい可能性に期待を寄せていました。

そもそも、「人間の耳がそんな構造しているなんて知らなかった!」と、私にはまずそこから衝撃で…。
確かに、穴なのに水中に入ってもそうそう水は入ってこないし、入ったとしても本当に奥までは入ってこない。当たり前になってたけれど、実はすごい構造なんですね。そして、その構造を再現したGoProもすごい!


この小さなボディに驚きの技術がギッシリ詰まってます

他にも様々な魅力が語られましたがこれくらいにして(詳しくは公式サイトを見てくださいね)、この日一番のお楽しみ!都内ショートツアーへいよいよ出発です。
まずは、使う機種選び。最新2機種のどちらかを試せるのですが、もちろん「HERO4 session」をチョイス。早い者勝ちだったので走りました。笑
やっぱり人気で残り2個でした。危ない危ない…^^;

そしてツアーのために用意されていたのは、屋根がオープンになるタイプの2階建てバス。
日本橋から皇居や国立近代美術館、国会議事堂などを周るバスで、専
属のバスガイドさんが案内してくれました。こんな機会がなければ乗ることもないので、テンション上がります! 乗る時にかっぱが配られたものの、雨はちょうど止んでいてラッキー☆いざ、出発です。


このバスの2階から、GoProを手にした大勢の人たちが撮影している光景は、ちょっぴり異様だったかもしれません

ずっとバスに乗ったままの撮影なのですが、ビル群を抜け、高さギリギリの高架下をくぐったり、木のトンネルのようなところを通ったりと、結構迫力満点。なにより、途中から雨がポツポツと…と思ったら、土砂降りに!遊園地のウォーターアトラクション状態になりました。笑
カメラは防水なので、なんの問題もなし。むしろ、耐久性が証明されて主催者も喜んでいたはず。でも私達は防水じゃないので、かっぱを着ていたものの、顔に容赦なく雨が当たり結構濡れました。笑
ただ、そのおかげで、開いていた屋根を閉め、また止んだので開けて…となかなか見られないシーンにも遭遇!もちろん、そこもバッチリカメラを回しましたよ^^

sessionは、ワンボタンですべてコントロールできるように設計されているので、撮影は本当に簡単。ここ撮りたい!と思ったらボタンを一回押し、ストップする時も同じボタンを一回押すだけ。電源は自動的にON・OFFしてくれます。
ただ、ディスプレイがないので「ちゃんと撮れてるかな?」と、正直ちょっと不安を感じていました。

アトラクションさながらのツアーを終え、バスを降りると…
そこで待っていたのは、先に降りていたコーエンさん!降りてくる人みんなとハイタッチ!
これ……めっちゃ嬉しかった~笑
カメラ回してたのに、ハイタッチシーンをちゃんと撮れていなかったのが残念。完全にカメラへの注意がシャットアウトされました。笑
雨のおかげもあってか、大変な時を一緒に乗り越えた!的な感じで、なんだか全体に一体感が生まれた気さえしてきました。(←単純!)


動画を撮影するだけではなく、それをどうやってシェアしたり、編集したりするか
そこまでしっかり教えてくれます。

会場に戻り、ここからは、撮影した画像をスマートフォンやPCに読み込んだり、シェアしたり、さらには編集するところを教えてもらいます。
まず、スマートフォンでは専用のGoProアプリを使います。このアプリは本当に便利!カメラとBluetoothで通信できるようになっていて、記録されている撮影した写真や動画を見ることはもちろん、カメラ側の設定や、撮影までスマートフォン側で操作できちゃうんです。
撮影モードにすると、スマートフォン側でカメラが映していいる映像が見られるので、モニター代わりにもなります!カメラに読み込みたい画像や動画だけ選択して保存することもできるし、その場で友達にも共有したり、すぐSNSでシェアしたり、とっても楽ちんです。
先ほどのバスツアーで撮影した動画も早速チェック。見てびっくり!こんな小さいのに、先代のGoProと同じように画角が広い!撮影できているかの心配は無用でした。
また、パソコンには、フリーとは思えない高機能な動画編集ソフト「GoPro studio」が用意されていて、誰でも簡単に動画を編集してシェアしたり、共有できるようになっています。
このソフトを使った編集の仕方も教えてくれました。
ところが、ここでトラブル。前日に準備を整えていたのに、いざ動画を取り込もうとしてパソコンとカメラをつないでも取り込みを選択するところに出てこないんです…。講習は進んでいるのに〜!
でも、会場にはたくさんのGoProのスタッフさんがいて、呼んだらすぐ来てくれました。ただ、なかなか解決できず。。。
「このまま編集できず終わっちゃうの〜?」と思ったその時、救世主が現れました…!

コーエンさんです!

「わーい、ラッキー♡」と密かに喜ぶ不謹慎な私…(*´罒`*)
隣にコーエンさんが!そして私のパソコンをサクサクっと操作してます。うーん、やっぱりかっこいい。笑
そしてさすが、コーエンさん!無事に解決してくれました。デフォルトで動画を取り込むソフトが設定されていて、それが邪魔をしていたみたいです。通訳してくれた方もありがとうございました!


GoPro studioでは、テンプレートを使って簡単に動画を切って貼って、編集ができます

すっかり出遅れましたが、スタッフさんがまたマンツーマンで教えてくれたので、無事に編集もできました。ただ、「GoPro studio」は英語しかないので、それがちょっと難点。分かってしまえば問題ないし、難しい英語ではないのですが、私のように最初にトラブったりすると、ちょっと厄介ですよね。

編集の段階になって、コーエンさんがお気に入りといっていたタイムラプスも撮っておけばよかったな〜とか、自撮りが入っているとおもしろいな(画角が広いので自撮りも楽々なんです!)とか、もう少しアングルを工夫すればよかったとか、反省点もいっぱい。
これを生かして、早速また撮影したい欲が出てきました。撮って終わりだと、こうはならないですよね。色んな人の動画を見たり、自分で動画を撮影して編集してみると、「自分もやってみたい」「もっとこうしたい、おもしろくしたい」そんな欲求が生まれ、行動につながる。
「HERO4 session」まんまと、欲しくなっちゃいました〜!

さて、でも実際ダイバーにはどうなの?ってところが皆さんも気になると思います。
正直、ダイビングには「HERO4 session」は、今は使えないです。10m防水だし、ハウジングもないし、ディスプレイもないし。ダイビングに使いたいのなら、すでに発売中の「HERO4」シルバーがいいです。
でも、ダイビングだったらこんな風に使えるのに~って、私たちが可能性を見せてあげられたら、きっとダイビングでも使えるように…なるかも!?

コーエンさんも言っていましたが、「自分にとって必要な機能を考えて、自分に合ったカメラを選ぶ」ということが重要なんです。今回、「HERO4 session」ともう一つ、エントリーモデルとして安価な「HERO+」が発売されたのも、それが理由。誰もがみんなプロ仕様のカメラが必要なわけでも、欲しいわけでもないですもんね。

私は、ダイビング用の水中カメラはもう持っていて、動画撮影もできるので水中用にとは考えず、荷物が多いダイビングの時でも、日常でも、いつでもどこへでも持っていけるこの手軽さと、それで撮影できる映像のクオリティ、そして今までとは違う映像が撮れるのでは?という可能性に魅力を感じました。
可能性を無限に感じると言ったら、言い過ぎ…?でもそれくらい、この小さなボディにワクワクしちゃうのは私だけでしょうか?
「HERO4 session」があれば、いつもよりもっとアクティブで楽しい夏が過ごせそうな予感がします!

こうして、盛り沢山の体験&講習会を終えできあがった動画はこちら。
前述している反省点も多々あり、色々とツッコミどころ満載ですが、「HERO4 session」デビュー作なのでお許し下さい〜。すぐフレームアウトしちゃいますが、コーエンさんもちょっぴり映っていますよ!

そして最後は、お待ちかね(?)2015年度NO.1(7月17日時点)のMyご満悦ショットはもちろん、のコーエンさんと念願の2ショット!!
こんな撮影をお願いしているミーハー女は私だけでした……


多分、2015年上半期NO.1の嬉しい顔をしていると思います。笑

GoPro「HERO4 session」「HERO+」共に、好評発売中です!
詳細はhttp://www.tajima-motor.com/gopro/へ。

コラムニスト

ひろい さやか
ダイビング器材は、ライセンスを取る前にすべて揃えたクチで、My器材が一番!と思っているが、ウェットスーツだけはそろそろショップ名が入っていないものにしたいと考え中。
ハマると暴走しがちで、オタク気質なところがある。大好きな東方神起の活動休止により、現在は他のハマれる“何か”を模索中。

>> ダイバーオンラインをチェック!

ほし店長