近場でゆるフォト〜♪

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

コラムニスト: むらいさち
Vol.14 近場でゆるフォト〜♪


大きさは2㎝ほど。
こんな小さくてもがんばって生きてるんですね〜。

近い〜♪ 先日初めて真鶴で潜る機会がありました。東京から1時間半で着いちゃうんです。伊豆に行くときに「やっと半分くらいかな〜」と、思う場所にあります。初めての海はいつでもドキドキします。正直少し侮っていました……(汗)。しかし入った瞬間たくさんの魚が目の前を泳いでいて、うれしい驚きをいただきました! やっぱり潜ってみないとわかりませんね。そんな真鶴の海で、ゆるフォト撮影してきました。今回は真鶴で見れる生物で、撮影のコツをお伝えできたらと思っています。
身近な海は、冬になると確かに水温は下がるけど、ドライスーツがあれば年間を通してダイビングをすることができます。水中だけは、経験を積まないと上手にはなりません。「冬を制するものは、水中写真を制す。byさち」(笑)。ダイビングといっしょで感覚の部分も大きいので、寒いからと縮こまっていてはダメですよー。ぜひ海に行きましょう!
では、ゆるフォトミラーレス編スタートです!(月刊ダイバー2014年2月号掲載)

写真は出会ったそのままを写したくなりますが、それだとたいていありきたりな写真になりがちです。しかし、ちょっとした視点の違いで写真もガラッと変わっていきます。ここでは、ネッタイミノカサゴちゃんをモデルに撮影してみました。


魚ではなく後ろの岩にピントが合ってしまうこと……。よくあります。
AF(オートフォーカス)で撮影しているとよくあることです。僕もしょっちゅうやります……。
ただ、これは撮影した後に再生をしてピントの確認をすることで簡単に防げますよね。


そこでしっかりピントを確認しながら撮影してみました。ピントはしっかり目に合わせましょう。
しかし見たままで撮っているのでありきたりな写真です。
しかもミノカサゴ君が下を向いてしまっているので見づらいですね、もうちょっと修正しましょう。


自分が下に下がって、顔がちゃんと見える位置から撮影しました。
こういうふうに写すと臨場感がありますよね。
こうしたちょっとの気遣いで写真はけっこう変わります。しかし燃え上がるようなきれいな色です。

土管の中にクロアナゴちゃんが……。これってかわいいと思いますか? ボクハニガテ……。確かにかわいい顔はしてますが、どうしても背中がゾゾゾーってなります(笑)。でも、せっかく教えてくれたので、撮影してみます。


土管の奥に隠れていたので、ストロボの当たり具合に気をつけて撮影しました。
確かにかわいい顔はしてるよね……(ゾゾゾー)。
まわりに見張りのようにサラサエビちゃんがたくさんいました。


撮影中のさちです。頑張ってます!


ストレートはちょっと苦手なので、手前にいるサラサエビにピントを合わせて緩和してみました(笑)。
「ほぼわからないじゃん」とか言わないでね〜。個人的にはおもしろい写真になったなと思います。

真鶴の海はカエルアンコウがとても多かったです。しかもみんな大きかった! カエルアンコウは擬態しているので、だいたいがあまり撮影しやすい場所にはいません。でもある程度大きさがあれば、厳しい環境でもなんとか絵になることがあります。今回撮影した子も、オーバーハングした岩の奥。決して撮影しやすい場所にいたわけではありませんでした。


まずは、身体を潜り込ませ撮影。
僕はよく、「まずは1枚」と思って撮影することがあります。
デジカメなので撮影してすぐ見れますからね。
光を当てた状態で、色や形をチェックして、最善の撮影方法を探します。。


周りにあるホヤ?がかわいかったので、それを強調しつつも、
表情をしっかり見せたいと思い、寄って撮影しました。
これが撮影した中では、収まりがいい写真でした。
しかしカエルアンコウ君は自分の色をしっかり把握してるんですね〜。

今回のまとめ

海はやっぱり楽しいな〜と改めて思いました。近場の海だろうと、沖縄だろうと僕は海を楽しめます。どこで潜っていてもほんとに楽しいです。それは海をある程度知っているからかもしれません。近場の海に沖縄を求めるのは無理ってもので、自分が潜る海はどこが楽しいんだろうと追求してみると、きっとその海のいい所が見えてくると思います。そんな話をしてたら、海に行きたくなりましたー! では、また来月〜☆

使ったカメラと防水プロテクター


使ったカメラ:OLYMPUS OM-D E-M5
使ったハウジング:PT-EP08

コラムニスト

むらい さちさん
プロカメラマンなのに、メカが苦手という致命的な欠陥があるが、だからこそメカが苦手な女性の気持ちがよくわかると勝手に思い込みこの連載をスタート。6年目にして「ミラーレス編」へ。スタンスは変わらず「ゆるく楽しくミラーレス!」。

>>Official webサイト:muraisachi.com
>>月刊ダイバーで連載中

ほし店長