アフターダイビングに疲れをほぐす、お風呂で行うマッサージ

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

コラムニスト:加鹿りえ子
vol.3 アフターダイブに疲れをほぐす、お風呂で行うマッサージ


今月はお風呂で体をほぐすマッサージを紹介します。
湯船の中で筋肉を少しだけ動かすと血流がよくなって手軽に入浴効果を上げることができます。アフターダイブはもちろん、ご家庭のお風呂でもぜひ実践してみてください。
お湯の温度は「ぬるめ(※)」で行うことをおすすめします。また、入浴によって血液の循環が良くなり、汗をかいているのでお風呂上りには水分補給も忘れずに!

コラムニスト

加鹿りえ子(かが・えりこ)先生

同志社大学卒。アメリカスポーツ医学学会認定ヘルスフィットネススペシャリスト。厚生労働省認定健康運動指導士、介護予防トレーナー中級修了。エアロビクス全般、ヨガなどの指導歴32年。ヨガレッスンDVD『This is YOGA』(アークベル㈱)がある。ダイビング歴25年。「何歳になっても他人の世話にならずにタンクを背負って歩き、真栄田岬やグロットに潜り続けられる、自立したダイバーを目指していきましょう!」

ほし店長