コスラエ太郎の2015年

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

コラムニスト:コスラエ太郎
Vol.78 コスラエ太郎の2015年

観光イベントで初のコスラエ単独ブースを出展
観光イベントで初のコスラエ単独ブースを出展

                       

レンウォー!(こんにちは!)
コスラエ太郎の南国移住記2015年最後の更新となる
第78話はコスラエ太郎の2015年を振り返ります。

コスラエ太郎は
ダイブガイドとツアーガイドを行う傍ら
コスラエ州政府観光局の仕事をしていますが、
2015年は色々と初めての活動を
成し遂げることができました。

その中でも特に感慨深いのが、
日本で開催される観光イベントに
初めてコスラエ単独でブースを出展させ、
日本でコスラエのPRキャンペーンを
行うことができたことです。

2015年の幕開けは、
ミクロネシア連邦政府観光局が
毎年、出展していた日本の観光イベントに
「参加しない」という衝撃的なニュースから
始まりました。

我々、コスラエ州政府観光局には
独自予算で出展ブースを購入できる予算はなく、
これまでそのミクロネシア連邦政府観光局の
PRブースを間借りして参加していたため、

日本で行える唯一のプロモーション活動の機会を
失うという致命的な出来事でした。

そもそもコスラエ州政府観光局には
出展ブースを購入する費用どころか、
プロモーション活動全般に使える予算自体なく、
何も活動できる状況ではありませんでした。
パンフレットや旅行者用のガイドマップなども
在庫がない状態がしばらく続いていて、
絶体絶命の状況で2015年が始まりました。

そんな2015年のスローガンは、
「できるできないではない。やるかやらないかだ。」
(漫画「るろうに剣心」より引用)

ガイド業務をする一方で、
なんとかコスラエを、ミクロネシア連邦を
動かしたい気持ち一心で
ひたすら観光局の業務に打ち込みました。

ジャングルや海の中から帰宅すると
デスクワークをこなし、
時間を割いては関係者に直接話しに会いに行き
ロビー活動を行いました。

打ちひしがれることもありましたし、
決して平坦な道のりではありませんでしたが、
どうにか観光イベントにコスラエとして初めて
単独ブースを出展させることができました。

出展させることだけに終わらず、
その観光イベントに来てくださった方が
実際にコスラエに旅行にお越しくださったり、
名刺交換をした旅行会社さんが
コスラエのツアーを作ってくださったりと
成果もありました。

2015年はさらに、
しばらく在庫がない状況が続いていた
パンフレットとガイドマップも刷新できました。

前号(第77話)で紹介したローカルフードの
ディナーイベントも始めることができました。

旅行会社の視察ツアーや
コスラエでは難しいと考えられていた
団体旅行も実施することができました。

そして、日本人の年間旅行者数は
5年連続で前年比を上回ることができました。

皆さんからいただくメッセージが
とても励みになりました。
温かいご声援に勇気をいただき続けた一年でした。

今年も大変お世話になりました。
2016年もコスラエ太郎はコスラエから
コスラエを盛り上げていきますので、
どうかコスラエをよろしくお願いします!

それでは良いお年を!!
カット・ファ・オーシュン!(またね!)


パンフレットとガイドマップも刷新
パンフレットとガイドマップも刷新

               

コラムニスト

コスラエ太郎さん
コスラエ州政府観光局のお手伝いをする傍ら、旅行者が来るとダイブガイド、ツアーガイドに変身します!コスラエのホテル、ダイビング、 各種ツアーの手配も行っています。コスラエの観光業で働く唯一の日本人です。コスラエについてお気軽に日本語でお問い合わせください。

>> ホームページ:http://kosrae.wix.com/tour
>> 日本語メール・アドレス:kosrae.fsm@gmail.com
>> コスラエ州政府観光局Facebook:www.facebook.com/kosrae.jp

ほし店長