コスラエの魚市場

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

コラムニスト:コスラエ太郎
Vol.82 コスラエの魚市場

港にある魚市場
港にある魚市場

                       

レンウォー!(こんにちは!)
コスラエ太郎の南国移住記・第82話は、
コスラエの魚市場を紹介します!

コスラエの商店には鮮魚コーナーがないため、
魚を食べたいときには
港にあるフィッシュ・マーケット(魚市場)まで
買いに行かなければなりません。

その距離・・・往復30km(汗)

コスラエのフィッシュ・マーケットは
かなりワイルドです(笑)

フィッシュ・マーケットには
マグロ、カツオ、ロブスター(エビ)、
マングローブクラブ(カニ)などがありますが、
切り身や一部の部位だけを買うことはできず、
丸々1尾または一杯を買う必要があります。

例えば、マグロが欲しい場合は、
「おじさん!マグロ一本ちょうだい!」
と、マグロ丸々1尾を買います。

そして、すべて量り売りです。
マグロでもカツオでもロブスターでも
マングローブクラブでもすべて量り売り。

ちなみにバナナも量り売り。
従って、ロブスターの方がバナナより
安いことがありますし、
マングローブクラブ一杯がマグロ一尾より
高いこともあります。

すべて量り売り
すべて量り売り

フィッシュ・マーケットまで行ってみないと
何が水揚げされているか分からないのもスリリングです。

毎日、漁に行っている訳でも
毎回、同じ魚が揚がる訳でもないため、
往復30kmを移動して港まで行き、
水揚げされた魚を見るまで
何が買えるかは分かりません。

全く何もないときもありますし、
逆に、買い物に行く前に電話で確認して
「今日はない」と言われても、
港に行ってみたらマグロが揚がっているときも
珍しくはありません。

これぞコスラエの奇跡!

コスラエの新鮮な海の幸、
コスラエ太郎が男料理しますので、
召し上がってみたい方は
是非お声掛けくださいね。

カット・ファ・オーシュン!(またね!)


何が買えるかは実際に見るまで分からない
何が買えるかは実際に見るまで分からない

               

コラムニスト

コスラエ太郎さん
コスラエ州政府観光局のお手伝いをする傍ら、旅行者が来るとダイブガイド、ツアーガイドに変身します!コスラエのホテル、ダイビング、 各種ツアーの手配も行っています。コスラエの観光業で働く唯一の日本人です。コスラエについてお気軽に日本語でお問い合わせください。

>> ホームページ:http://kosrae.wix.com/tour
>> 日本語メール・アドレス:kosrae.fsm@gmail.com
>> コスラエ州政府観光局Facebook:www.facebook.com/kosrae.jp

ほし店長