モニターツアーで上五島のいいとこ取り!

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

スタッフ通信

コラムニスト:岸本 多美子
vol.19 モニターツアーで上五島のいいとこ取り!

写真上:
モニターツアーでご一緒した皆さんwithナイスばでぃーの皆さん

写真下:
快適なダイビング専用ボート『美海号』

ダイビング編

3月22~24日の2泊3日で、長崎県の上五島に行ってきました。今回は新上五島町が主催する「しまの漁業体験滞在型モニターツアー」への参加です。私が初めて上五島を訪れたのは2011年9月。弊誌2011年12月号に掲載したタレント吉澤ひとみさんとの取材時です。この時にも実際に体験したのが、世界的にも非常に珍しいクロマグロの生簀ダイビング! 今回のモニターツアーは、漁業者のかたによる事業と滞在型の観光を組み合わせる取り組みの一環として、このマグロダイビングがメインテーマです。私が初めて上五島を訪れてから5年以上……いよいよマグロに再会です!

日ノ島にある直径10mくらいの円形の生簀。この日は透明度も高く、ボートからでもメタリックボディのマグロが見えました。マグロを驚かさないように水面で重器材を脱着してエントリーします。ストロボやライトの使用はNGです。

2011年は30kg級と言われていたマグロですが、今はななななんと100kg級! 一匹ずつの迫力が格段に違います。ただし、2011年は30匹ほどいましたが、現在は6匹。「捕まえられたら持って帰っていいよ」というオーナーですが、これまでに捕獲できた人はゼロ。

そして~~~上五島のダイビングといえば、圧巻のソフトコーラル! モリモリ&ニョキニョキ&ワサワサ……とにかく元気いっぱいなんです。さらに15年くらい前から群生が始まったというハードコーラル。ソフト&ハードコーラルと、海藻も同居する不思議空間。そして島の南側のポイントでは、イサキ、タカサゴ、ウメイロ、キビナゴ、ブリ、カンパチ、クロホシイシモチなど、季節ごとにさまざまな魚群が迎えてくれます。

ダイビングは1日だけでしたが、マグロ生簀ダイビング、「三ツ瀬」、「滝ケ原D(ざぁ~まに)」の3か所を潜ることができました。バリエーションに富んだダイビングをどこも貸切で楽しめるという贅沢さ☆ 夏場の予約は早めがマストですよ!

教会編

上五島といえば、「祈りの島」とも呼ばれる場所。人口2万人弱の町内には、29もの教会があります。なかでも、世界文化遺産候補構成資産となっている頭ヶ島天主堂は必見。地域で産出した砂岩を積み上げて約10年かけて作られた石造りの教会です。5月になると海沿いにあるキリシタン墓地にマツバギクが咲くそうです。

国指定重要文化財の青砂ヶ原天主堂(写真左)。頭ヶ島天主堂同様、鉄川与助氏による設計施工です。県指定重要文化財の大曾教会(写真右)もレンガ造りですが、町内29の教会すべてが異なる作りで、すべてを見学しようとすると3日はかかるそうです。

グルメ編

五島ならではの味わいといえば、なんといっても「五島うどん」です。町内には29もの製麺所があり(下五島には1軒しかないそう)、島の特産品である椿油を使って手延べされているのが特徴。細麺ながらコシが強い!「地獄炊き」と呼ばれる釜揚げで食べるのがオススメ。さらにつけ汁は、あご出汁も美味ですが、生卵を溶いて醤油とかつおぶし、ネギを混ぜるのが超絶品!

伝統的な島スイーツは、かんころ餅。サツマイモの素朴な甘みが口いっぱいに広がる懐かしい味です。さらにもう1品がリンゴパン。もとは長崎市内発祥の菓子パンだそうですが、今では市内ではあまり見かけなくなり、町内では3軒のお店で作られているので、地元スーパーなどで手軽に購入できます。

さらに町内には製塩所が15か所もあるそうで、その内の1軒「矢堅目の塩本舗」では、直火炊きの製造工程が見学できるうえ、島の土産物がずらりと揃い、塩ソフトクリームも味わえます。ちなみに「矢堅目」というのは、奈摩湾入り口にあるこの岩のこと。最近は「トトロ岩」とも呼ばれて、一躍ネットでも有名になったそうです。

番外編

モニターツアーならではの特権ですが――――
11~3月は上五島産の牡蠣が絶品とのことで、ナイスばでぃーの今田さんご夫妻が特別に焼き牡蠣でおもてなしくださいました。“牡蠣には目がない”という古見きゅうカメラマンもこの笑顔です。さらにお手製のサザエご飯がまた格別のおいしさ! この春から新たにナイスばでぃースタッフに加わった亨太さんが爽やかに運んできてくれました。

上五島唯一のダイビングサービス〈ナイスばでぃー〉。島の海を知り尽くし、ポイント開拓からしてきた今田哲也さん、料理上手な奈津美さんの二人三脚のアットホームなお店。5年前に比べて3人いるお子さんたちが一気に成長していてビックリでした! 看板娘の美海ちゃん&愛ちゃんがかわいすぎるんです♪

古見きゅうさんが初めて体感した上五島の魅力は、
DIVER6月号(5/10発売)にてご紹介します!お楽しみに☆

Information

◆まるごと体験!! 新上五島

http://shinkamigoto.nagasaki-tabinet.com/

◆五島ダイビングセンター〈ナイスばでぃー〉

http://www.nice-buddy.com/

コラムニスト

プロフィール写真

岸本多美子(企画営業部)

2004年8月に入社して、編集部→企画営業部へと部署異動。編集時代に比べると、あちこち出かけている割には、潜る回数がめっきり減ってしまいました~(涙)。ダイビングを始めたのは社会人になってから。もとい、海に初めて入ったのも社会人になってから(埼玉県民だから!?)という遅咲きデビュー。だからなのか、海に潜るたび、いつもダイビングを始めたての新鮮な気持ちでドキドキ&ワクワク♪♪

ほし店長