レンタル器材を水没させたら弁償!? 器材洗いが不安です。

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

野口綾子の女子的ビューティーテクニック

コラムニスト:野口綾子
Vol.13 レンタル器材を水没させたら弁償!? 器材洗いが不安です。

女子的ビューティーテクニック13

本誌で水中モデルとして活躍する野口綾子さんは、つねに撮られることを意識して、きれいに潜ることを心がけている。水中カメラマンからもスキルがしっかりしていて安心で、マスクフェイスもかわいいと評判も高い。そんな綾子さんがデューク山中とタッグを組み、美しく潜りたい女子ダイバーに向けて、モデル経験で培ったテクニックを披露します!
今回は「レンタル器材を水没させたら弁償!? 器材洗いが不安です。」についてです。

礼儀として、借りたものはきれいに洗って返すものですよね。
でも、レンタル器材、とくにBCDやレギュレーターを水没させてしまったらどうしよう、などと不安になりませんか?
私は正しい洗い方を覚えて、自分で使ったものはきれいにしてお返しできるスマートなダイバーになりたいと思います。
今回もデューク師匠に、器材の洗い方をわかりやすく教わりました。
器材洗いで水没させないために、いくつかの注意点があります。
それさえ覚えておけば『器材を洗ってください』と言われても、ドキドキすることもなくなります。
重器材の他、ウエットスーツやブーツ、フィン、マスクなどの軽器材をレンタルした場合も、エチケットとして、洗い桶でジャブジャブして、塩や皮脂を洗い流してください。
そうそう、洗い桶はカメラ用、重器材用、軽器材用と分かれていることもありますので、現地で確認してくださいね。

さてさて、綾子ちゃんは上手に器材を洗うことができるようになったでしょうか?

DIVER2017年9月号

本編は月刊DIVER本誌でお楽しみください!
第13回目は2017年9月号で掲載されています。

月刊 DIVER 最新号はこちら

ほし店長