コスラエの電力事情

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

コラムニスト:コスラエ太郎
Vol.101 コスラエの電力事情

ヨボヨボな発電所
ヨボヨボな発電所

レンウォー!(こんにちは!)
コスラエ太郎の南国移住記・第101話は、
コスラエの電力事情を紹介します!

みなさん、南の島の人たちは
「太陽が沈むと眠り、太陽が昇ると起きる」
と思っていませんか?

決してそんなことはありません。
意外に遅寝遅起きの人も多いです。

その理由は電気があるからです。
電気がなかった時代は
「太陽が沈むと眠り、昇ると起きる」
生活をしていましたが、

現在は24時間電気が供給されているため
深夜まで起きている島民は多いです。

24時間電気が供給されているとは言え、
停電はしばしばあります。
長い停電よりも、短い停電が多いです。

そのうち慣れてきます。
「あ、またか」くらいにしか思わなくなります。

発電所が老朽化しており
発電機が故障することが原因の一つです。
修理をしてもまた故障してしまいます。

現在、新しい発電所を日本の援助で建設していて
2018年の春頃に竣工を予定しています。

しかし、発電所が新しくなっても
停電はなくならないと思っています。

島の至る所で木々の葉が電線を覆っており、
雨の日や風が強い日はその木の枝や葉、
特にヤシの葉が電線に絡まってショートして
停電を引き起こすからです。

コスラエにいらした旅行者のみなさんは
1日の観光が終わってホテルの部屋に戻ったら
すぐにカメラの電池を充電してください。

「あとで」なんて思っていると・・・バチン!

ほら、停電が始まります(苦笑)

停電対策として
懐中電灯やカメラの予備の電池を
持って来るのも良いと思います。

停電が起きたら夜空を見上げてみてください。
晴れていれば満点の星空を見ることができます。

コスラエでは停電も旅の楽しみに変えてくださいね。

カット・ファ・オーシュン!(またね!)



電線に覆いかぶさる樹木の葉

               

コラムニスト

コスラエ太郎さん
コスラエ州政府観光局のお手伝いをする傍ら、旅行者が来るとダイブガイド、ツアーガイドに変身します!コスラエのホテル、ダイビング、 各種ツアーの手配も行っています。コスラエの観光業で働く唯一の日本人です。コスラエについてお気軽に日本語でお問い合わせください。

>> ホームページ:http://kosrae.wix.com/tour
>> 日本語メール・アドレス:kosrae.fsm@gmail.com
>> コスラエ州政府観光局Facebook:www.facebook.com/kosrae.jp

ほし店長