コスラエでよく見かける光景・ボート編

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

コラムニスト:コスラエ太郎
Vol.104 コスラエでよく見かける光景・ボート編


コスラエの人が乗り過ぎて沈みそうなボート
人が乗り過ぎて沈みそうなボート

レンウォー!(こんにちは!)
コスラエ太郎の南国移住記は第102話より
コスラエでよく見かける光景を紹介していますが
シリーズ第3弾となる第104話はボートです。

コスラエは海に囲まれ、
島内もチャネル(水路)が入り組んでおり、
移動手段としてボート(小船)を使う島民が多いです。

コスラエでは「冗談か」と思うボートをよく目にすることがあります。

まず、屋根のないボートは当たり前です。
海上で直射日光を受けながら移動するボートでも
コスラエでは「屋根がない」ことが標準です。

次に、人が乗り過ぎて
今にも沈みそうになりながら動いているボートを見ることもよくあります。
ボートが本当に重そう(汗)
がんばれ、ボート!

それから、板状の発泡スチロールをボートとして使っている人もいます。

コスラエ 発泡スチロールをボートとして使用
発泡スチロールをボートとして使用

マングローブクラブの漁師や
バナナやタロイモを収穫した人が
チャネル(水路)を移動する際に使っていることが多いです。

この発泡スチロールのボートでも
十分に驚きますが、最後に、これまでにコスラエで見た
一番衝撃のボートがこちらです。

コスラエ 浮いていることすら不思議なボート
浮いていることすら不思議なボート

板状の発泡スチロールにエンジンを装着し、
その発泡スチロールの上にイスを置いて、
一人ではなく家族で乗って海を移動しているボートです。

浮いていることすら不思議ですが
もちろん屋根はなく前後・側面に手すりすらありません。

衝撃すぎて思わずカメラを向けると
ガッツポーズが返ってきました(笑)

コスラエではたくさんの面白いボートを見かけますので
旅行中の楽しみにしてくださいね。

これが2017年最後の更新です。
笑いで締めくくれていれば幸いです。

本年もご覧になってくださり誠にありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

カット・ファ・オーシュン!(またね!)

コラムニスト

コスラエ太郎さん
コスラエ州政府観光局のお手伝いをする傍ら、旅行者が来るとダイブガイド、ツアーガイドに変身します!コスラエのホテル、ダイビング、 各種ツアーの手配も行っています。コスラエの観光業で働く唯一の日本人です。コスラエについてお気軽に日本語でお問い合わせください。

>> ホームページ:http://kosrae.wix.com/tour
>> 日本語メール・アドレス:kosrae.fsm@gmail.com
>> コスラエ州政府観光局Facebook:www.facebook.com/kosrae.jp

ほし店長