ウミガメに会いたいダイビングスポット

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook スタッフブログ instagram 月刊DIVER

ウミガメに会いたい

ウミガメについてご紹介。実際にウミガメに会えるスポットを探すことができます。

ウミガメに会いたい

スポットをさがす

現在

58件

のスポットがあります。

スポットの一覧を見る

写真=古見きゅう、杉森雄幸、永嶋奏子

ダイバーに人気の大物の中でも、比較的会える確率が高いウミガメ。大きな目に愛嬌たっぷりの表情、竜宮城へと誘うかのように泳ぐ優雅なシルエット、会えたら誰でもハッピーになってしまう。でも、どんな種類がいるの?

産卵ってどんなふうに行われるの?などなど、意外と知らないことも多いのでは。そんなウミガメの謎を1つずつ、ひも解いてみよう。

ウミガメとダイビングを楽しむ!

どんな生き物?

どんな生き物?

ウミガメは熱帯・亜熱帯の海に広く分布している。ウミガメ科とオサガメ科の2つのグループに分かれ、アカウミガメ、アオウミガメ、タイマイ、ヒメウミガメ、ケンプヒメウミガメ、ヒラタウミガメ、オサガメの7種類が知られている。日本近海ではそのうち5種が暮らしており、そのうちダイバーが見る機会が多いのが、アカウミガメ、アオウミガメ、タイマイだ。アカウミガメは南日本から南西諸島、アオウミガメは本州南岸から南西諸島にかけてと伊豆諸島から小笠原諸島にかけて、タイマイは南西諸島南部で、それぞれ多く生息している。

3種類の見分け方は?

3種類の見分け方は?

アカウミガメ、アオウミガメ、タイマイの見分け方でいちばんのポイントとなるのは、頭の部分。これは3種類の食べ物の違いが関係しているのだろう。おもに貝や甲殻類を食べるアカウミガメは、硬いものを噛み砕く必要があるため下あごが発達し、頭部全体がアンバランスなほど大きい。また、タイマイのくちばしが発達しているのは、主食である海綿類をかじり取るのに適応したのだろう。反対にくちばしが丸くて短いアオウミガメは、アマモなどの海草が主食。柔らかいものをむしり取ればいいので、くちばしが発達しなかったと考えられる。

ウミガメに会えるダイビングスポット

ウミガメに会えるダイビングスポット

日本各地には高確率でウミガメに会えるダイビングポイントが多数存在する。おもなところでは、屋久島、ヨロン島、奄美大島、沖縄本島、ケラマ諸島、宮古島、石垣島、西表島、伊豆諸島、東伊豆・大川、小笠原諸島などが挙げられる。憧れのウミガメは意外と身近に出会えるものなのだ。場所によっては一年中会えるところや、時期は限られていても毎年必ず同じ場所にやってくるというところもある。また、産卵の時期になると普段はなかなか出会わないウミガメに出会えることも。同じ個体が住みついていると名前がついていたりもする。

もっと知りたいウミガメのこと

もっと知りたいウミガメのこと

ウミガメの産卵

広い海域を回遊しながら暮らしているウミガメは、おもに5〜8月頃になると、福島県から沖縄に至る海岸にやってきて砂の中に卵を産む。産卵は、「上陸」「ボディーピット」「穴掘」「産卵」「穴埋」「カムフラージュ」「帰海」の7つの行動が順に行われ、所要時間はおよそ1時間。卵が冠水する恐れのない、植物が生えているあたりまで移動すると、ボディーピットと呼ばれる自分が入る穴を掘り始め、卵室を深く掘り、産卵する。種類にもよるが、直径3〜5㎝ほどのピンポン玉のような卵をおよそ100〜130個産み落としたら、後肢で穴を埋め、前肢で砂を飛ばしてカムフラージュさせ、海へと戻っていく。

ウミガメが減っているってホント!?

現在、ウミガメを取り巻く状況は非常に厳しい。砂浜での産卵回数によってウミガメの増減を推測することができるが、日本ではここ10年余りで激減してきている。日本で産卵する3種のウミガメについて見てみると、環境省の作成するレッドデータブックに、絶滅の恐れのある種として登録されており、国際自然保護連合(IUCN)の野生生物レッドリストでも、近絶滅種や絶滅危惧種に指定されるなど、地球レベルでも減少している。その原因としては、産卵場所である砂浜の環境悪化や、漁業による乱獲被害などが考えられる。

まだまだ謎の部分も多く、そのうえ、絶滅の危機に瀕しているというウミガメたち。我々ダイバーの目撃情報がウミガメの生態を研究したり保護したりするうえで、貴重なデータにもなるそうだ。ぜひ、たくさんのウミガメに会いに行こう!

ウミガメに会いたい人のためのダイビングスポット一覧

58件中、1~10件を表示