「ゆらゆらチンアナゴまつり」開かれる

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

ダイビングNEWS

ダイビングに関する最新情報をお届けします。

「ゆらゆらチンアナゴまつり」開かれる

11月10日から12日の3日間、チンアナゴの日(11月11日)にちなんで、東京の〈すみだ水族館〉で「ゆらゆらチンアナゴまつり2017」が開かれた。水族館の人気者チンアナゴのことをもっと知ってもらいたいと、館内のあちこちでチンアナゴにまつわるさまざまイベントを開催。チンアナゴの不思議を紹介するコーナーやチンアナゴ検定、水族館で採取されたチンアナゴの卵や仔魚の展示も行われた。 11日の午後には館内イベント広場で、チンアナゴに詳しい「有識者」が集まりトークを繰り広げる「チンアナゴ会議」が催され、うなぎ博士として知られる日本大学の塚本勝巳教授や、野生のチンアナゴに詳しい水中写真家の大方洋二さん、すみだ水族館でチンアナゴの飼育を担当する柿崎智広さんら5人がそれぞれの立場からチンアナゴについて熱く語った。 また、カフェでは限定メニューの「謎のゆらチン! ドリンク」やチンアナゴとポッキーの記念日パフェを発売、ショップには「チンアナゴツリー」がお目見えするなど、盛り上がりを見せた。

エントランスに用意されたフォトスポット「チンアナゴウォール」。入場者にはチンアナゴのお面が配られ、祭り気分を盛り上げていた

チンアナゴ水槽の前では、ニコニコ動画が、「チンアナゴさん51時間生中継@すみだ水族館」を実施。ニコ動らしい視聴者とのやりとりも

ショップには大小のチンアナゴでデコレーションされた高さ3mの「チンアナゴツリー」が登場。ちなみに、いちばん人気のチンアナグッズは抱き枕だそうです(ツリーの展示は12月25日まで)

「有識者の集い!チンアナゴ会議」では、チンアナゴの一生や巣穴の秘密、人との関わりなどが語られました!

Information