タイの多様性溢れる魅力をPR 新コンセプト『Open to the New Shades』

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

ダイビングNEWS

ダイビングに関する最新情報をお届けします。

タイの多様性溢れる魅力をPR 新コンセプト『Open to the New Shades』

2月9日、タイ国政府観光庁はメディア及び旅行関係者を対象に、新しいマーケティング・コンセプト『Open to the New Shades』の発表会を都内にて開催。本庁マーケティング・コミュニケーション担当副総裁 タネース・ペッスワン氏が来日し、挨拶した。

2017年に3500万人を超える外国人旅行客が訪れたタイは、日本にとっても身近な旅行先のうちのひとつ。同年の日本からタイへの渡航者は154万人超で、前年と比べても7.28%増となっている。

バンコクやプーケットなどのメジャーな観光地だけではなく、豊かな自然や文化遺産、ガストロミー(美食)など、多様な魅力が自慢のタイ。『Open to the New Shades』(新しい色合いへのいざない)をコンセプトに掲げ、リピーターはもちろんのこと、これまでタイを訪れたことのないファーストビジターにも、多様で新鮮なタイの魅力を発信していく。

タネース・ペッスワン氏は「たとえば南ならプーケットというイメージがあると思うが、クラビやパンガンも魅力ある島。これからは第2の都市をよりフィーチャーしていきたい。」と語った。

マーケティング・コミュニケーション担当副総裁 タネース・ペッスワン氏

タイを代表するサックス奏者のミスター・コー・サックスマンさん(左)と日本のサックス奏者 中園アミさん(右)が『Open to the New Shades』のテーマソングを生演奏

Information

タイ国政府観光局

https://www.thailandtravel.or.jp/