3/8〜10「海辺の環境教育フォーラム2019」参加者募集中

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

ダイビングNEWS

ダイビングに関する最新情報をお届けします。

3/8〜10「海辺の環境教育フォーラム2019」参加者募集中

3月8〜10日に伊東で開催される「第14回海辺の環境教育フォーラム」の参加者を募集している。今年のテーマは「This is IZU-ism」。全国から集まる海の環境教育に携わる方や、海に関心を持つ方々と、現地の観光業者や地域づくりに奮闘する人々が、自身のこだわり(=ism)を共有しながら交流することを目的としている。豊かな自然や文化が残る伊豆半島に、環境教育に携わる人を増やすことで、伊豆の魅力を次世代にも繋げ、守っていきたいという主旨で開催される。最終日の10日は、一般公開日になっているので、一般でも参加できる。

■日時:2019年3月8日(金) 13:00~3月10日(日)15:00
■場所:大田区立伊豆高原学園(〒413-0232 静岡県伊東市八幡野1154-3)
■対象者:環境教育関係者、観光業者、教員、研究者、学生、その他本ミーティングの趣旨に賛同して頂ける方 100名(先着順)
■参加費:食費・宿泊費・会場費・資料代、保険代込み
【一般】二泊三日 22,000円/一泊二日18,000円
【学生割引】二泊三日18,000円

当日プログラム
3月8日(金)プレイベント【伊豆の魅力を体感しよう】
13:00 プレオープニング
13:30 エクスカーション
大淀小淀ジオハイク&磯観察会、城ケ崎クルーズ、体験ダイビングなどを企画しています。海況や天候次第では、一部内容変更となることをご了承ください。
17:00 入室
18:00 夕食
19:00~ ポスター展示(参加者の活動や、活動地域を紹介するポスターを募集します)、フリー分科会(一枠15分)などの情報交換ナイト

3月9日(土)シンポジウム・ワークショップ【未来の海辺につなげる時間】
冷静に考え、熱く語り、いろいろな発想に出会う… 海辺の環境教育フォーラムの根幹ともいえる日。
7:00 朝食
9:00 ミニワークショップ(実行委員企画)
10:00 開会式
11:00 基調講演/伊豆半島ジオパーク推進協議会専任研究員 朝日 克彦氏
12:00 昼食
13:30〜15:00 分科会
①伊豆発 「環境教育としての海藻おし葉」 講師 海藻おしば協会会長 野田三千代
興味のあるテーマをひとつお選びいただきます。テーマ・分科会企画については、参加者の皆さまからも募集します。「この内容についてフォーラムの参加者と一緒に話したい!」という方はぜひ申込受付時にその旨お知らせください。
15:20~16:50 一般公開プログラム作戦会議
翌日の一般公開日に向けて作戦会議&準備をする時間です。それぞれ興味のあるプログラムを選び、翌日はそのスタッフとして活動していただきます。
【テーマ例】
・ 移動水族館の解説員になろう! アクアマリンふくしま飼育員による
・ ワークショップ
・海藻を使ってアートに挑戦! 海藻おしば協会によるワークショップ・海をたのしく学ぼう!(サンゴ・干潟・イルカやクジラ)
LAB to CLASS 教材をつかったゲーム型 海洋教育の実践
・海の中の砂は、貝と溶岩だった?!
アンダーウォーターインタープリターによるワークショップ
・ウニをじっくり見てみると・・・?!ウニ×アート×生態 ウニをとことん追求します

3月10日(日)【一般公開日】 環境教育プログラムまつりを企画中!

詳細・申込はこちらへ