peachに乗ってとことん沖縄を楽しもう!

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook スタッフブログ instagram 月刊DIVER

peachに乗ってとことん沖縄を楽しもう!

特集


東京(成田)―大阪(関西)便が就航したり、タレント・篠田麻里子さんのラッピング機がお目見えしたりと、なにかと話題のLCC、Peach。
Peachに乗ってリーズナブルに沖縄に行くなら、浮いたお金で最終日までとことん遊んじゃおう!
今回はダイバーでもあるPeach客室乗務員の2人が、最終日にオススメのアクティビティとおもてなしの宿をやんばるで体験。ぜひ参考に!

撮影=杉森 雄幸
文=鈴木 展子
取材協力=Peach Aviation、海乃宿うるまんちゅ&Sea Trip 衣装協力=billabong(ラッシュガード)、cocoloa(ウエットスーツ)

ダイビングの最終日は観光やお買い物が多いというPeach客室乗務員の谷野さんと脇川さん。まずは、最近沖縄でも注目されているSUP(Stand Up Puddleboard)に挑戦。「SUP」とは、サーフボードに立ってパドルをこぐスポーツで、「立った位置から見える海の色や魚やサンゴがとってもきれいなんです。これが沖縄SUPの特徴であり、いちばんの魅力だと思います」とガイドの鶉橋さん。
とはいえ、サーフィン経験もない2人、はたしてうまく立つことができるのか!? まずは、座ってバランスを取って……

へっぴり腰ながらも、見事、スタンドアップ! 大きな歓声が沖縄の海に弾けた。じつは、浮力のある初心者用ボードだったことはヒミツ(笑)。レベルに応じて、ボードを調整してくれる。最終日も海で遊びたいダイバーにとっては、今、はやりのスポーツが手軽に楽しめるとあってオススメ。海のコンディションにもよるが、案外簡単に立てるので、ぜひいかが?

国の特別天然記念物、ヤンバルクイナで知られる山原は、沖縄本島北部に広がる原始の森。今回は、比較的アクセスしやすい大宜味村の「ター滝」を目指して森の中へ。ガイドブックにも載っておらず、膝下くらいある川の中をジャブジャブ歩くリバートレッキングは、想像しただけでもワクワクする。
森に入ってまず驚くのは、周囲にこだまする不思議な音。中音域の音がいくつも重なり合って、心地いいハーモニーを奏でている。じつはこれ、セミの鳴き声なんだそう。川は緩やかな流れで、目を凝らせば小魚やテナガエビ、モクズガニ、上を見上げれば、アカショウビンなどの色鮮やかな鳥類やキノボリトカゲなどを観察することもできる。ところどころにロープが張ってあって、縄を手繰り寄せたり、岩をよじ登ったりしながら歩くこと約30分、突然、景色が開けて目の前に滝が現れた。一瞬にして柔らかな水滴に包まれ、今まで見たことのない沖縄の原風景が広がっていた。

沖縄(那覇)・石垣へはPeachで行こう!

那覇、石垣へは関西国際空港から就航しているPeachがオススメ。那覇へは毎日3~4往復、石垣へは毎日1往復が運航。10月27日より東京(成田)—大阪(関西)も就航しており、関東圏からも沖縄へのアクセスがより便利でリーズナブルになっている。

上記運賃は、1席あたりのハッピーピーチ運賃。支払手数料、空港使用料等は別途要。手荷物のお預け、座席指定には別途料金が必要。その他諸条件が適用されるので、詳細はPeachホームページにてご確認を。


コンタクトセンター Tel.0570-064-814 月〜金9:00〜18:00(土・日・祝・年末年始を除く。通話料はお客様ご負担)

1~4月頃には本部半島近海にザトウクジラが回遊してくる。港からも近く、ウォッチングしやすい(写真/うるまんちゅ)

ヤンバルクイナは梅雨時期になると繁殖期を迎え、観察しやすくなる。海況が悪くて潜れないときなどにもオススメ(写真/うるまんちゅ)

洋室は高い天井が快適

やんばるBlueの海や奥深い森でのアクティビティと同時に、宿で過ごすひとときも旅の大切な要素。やんばるのふところに抱かれた海乃宿うるまんちゅは、1日2組というプライベート空間と、静かな海辺の休日を約束してくれる。笑顔あふれるオーナーご夫妻、知り合いの家に招かれたような居心地の良さ、ハンドメイドのインテリア……どれもが極上のおもてなしだ。
朝、母屋のリビングに行くと、トントントン、ジューというこぎみよい音とともに、いい香りが。やんばるの旬の食材にこだわった朝食は、手が込んでいながらどこかほっとするお味。というのも、県から「地産地消・おきなわ食材の店」に認定されているので、味も素材も保証付きなのだ。また、奥様手作りのパン&ジャムも楽しみの1つ。やんばるのおいしい恵みを頂きながら、至福のひとときを過ごす。
ダイビングに、やんばるの森や海遊びの拠点に、またこれからのシーズンは本部発の水納島、伊江島沖でのホエールウォッチング、さらにGW明けの梅雨時期にはヤンバルクイナを観察しに行ける絶好のロケーションだ。

コンタクトセンター Tel.0570-064-814
月〜金9:00〜18:00
(土・日・祝・年末年始を除く。通話料はお客様ご負担)

海乃宿うるまんちゅ

沖縄県国頭郡今帰仁村﨑山492-1
Tel.050-1365-5829
http://www.diver-online.com/shop/detail/id/G9q2Rj/
鶉橋さんご夫妻が経営する1日2組のB&B宿。離れ(和室・洋室)と母屋、12月には一軒家造りのコンドミニアムも完成予定。SUPややんばる散策ツアーはおもに宿泊者を対象に行っている(ビジターもOK。要問合せ)。また、ダイビングは本部半島、水納島、瀬底島、伊江島、古宇利島周辺を潜るお店をいくつか紹介している。

いつ行くのが正解?ダイビングはどんな感じ?どんなプランがいいの?どんな生きものに会える?初めての沖縄ダイビングを思いっきり楽しむために押さえておきたいポイントはこちらをクリック!