上級志向でいこうプロコースを目指せ!

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

上級志向でいこうプロコースを目指せ!



インストラクターやガイドなど
プロフェッショナルダイバーを目指すためだけでなく
自らのレベルアップにもプロコースは有効だ。
厳しいけれども、乗り越えたときの達成感は何ものにも代えがたい。
より上を目指すダイバーは、プロコースにチャレンジ!

*プロコースとは?

自身がダイビングを楽しむアマチュアダイバーとは異なり、インストラクターのアシスタントとして働いたり、ガイドとして水中を案内したり、インストラクターとしてスクールを開催したりするプロフェッショナルダイバーは、特別な講習を受ける必要があります。
ダイビングが上手、もしくは経験が豊富というだけではプロにはなれません。より深い知識と技術を身につけてグループをコントロールし、リスクを回避して安全管理を図りながらリーダーシップをとること、そして最終的に人への教育を行うための訓練を受けることを目的とした一連の講習がプロコースで、アマチュアコースとは一線を画しています。
とはいえ最近は職業としてのプロフェッショナルダイバーを目指すためだけでなく、自身のスキルアップのためにプロコースを活用しているケースも多く見られます。アマチュアダイバーがより安全にダイビングを楽しんだり、仲間をまとめるリーダー役を務めたりする際にもプロコースは役立つことでしょう。
ここでは初級レベル(PADI=オープン・ウォーター・ダイバー、NAUI=スクーバダイバー、SSI=オープンウォーターダイバー、BSAC=オーシャンダイバー)のスクールを開催し、認定できるインストラクターをゴールとしたプロコースについて解説していきます。

*プロコースに参加するための資格は?

指導団体ごとに規定は少しずつ異なりますが、多くは17〜18歳以上でアマチュアコースの上級ランクの資格を有し、CPR&First Aidなどの一次&二次救命措置法を行う資格を有し、ログブックに規定数(およそ20〜40)以上のダイブ経験があることなどハードルは高いものとなっています。
豊富な経験と、もしものときに落ち着いて対処できる能力などが重要視されているわけですが、参加資格を満たせるよう必須コースを受講して必要な知識とスキルを身につけることで着実に自身のレベルアップを図ることができます。

*各コース(講習)ではどんなことを習う?

インストラクター以前のコースでは、知識や基礎スキル強化をはじめ、ブリーフィングやグループのまとめ方、さらに緊急時の対応など水中ガイドやアシスタントとしての役割をこなすために必要なことを学びます。
インストラクターを養成するコース(IDCやITCと呼ばれる)では、さらにプレゼンテーション能力を養うための訓練が行われます。多くのインストラクターが苦手だったと口にする、人にわかりやすく教えるスキルは簡単には身につきませんが、繰り返し訓練し試行錯誤することでかなり上達します。この能力は一般社会でも役立つもので、大きな自信につながることでしょう。

*各コース終了後にできることは?

認定された資格(Cカードランク)によってできることは異なります。指導団体によって資格の名称と認定後にできること(活動範囲)は少しずつ違いますが(表1)、たとえばPADIのプロコースの場合、最初の資格であるダイブマスターの認定を受けたら、PADIダイブセンターにおいてPADIインストラクターのアシスタントや水中を案内するガイドとして働くことができます。
そして経験を積み、インストラクターを養成する「インストラクター開発コース(IDC)」を受講し、試験(IE)に合格すれば、インストラクター(正式にはオープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター)として認定されたことになります。保険の加入などPADIが定める手続きを済ませれば、オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクターとして初級レベル(オープン・ウォーター・ダイバー)のスクール(講習)を開催することができます。


PADI ジャパン→http://www.padi.co.jp

NAUIエンタープライズ→http://www.naui.co.jp

SSI ジャパン→http://www.ssijp.net

BSACジャパン→http://www.bsac.co.jp

ブルーコーラル

セブ・マクタンのリゾートホテル内に本店を構え、リゾートのプールで講習を行い、海もリゾートのビーチからボートで出るためとても便利。毎晩のように開くゲストとの夕食会など、ひとり参加でもすぐに打ち解けられる和気あいあいとした雰囲気のお店。スタッフは男性と女性どちらもいて、日本人スタッフと併せて常時4〜5人常駐しているため、言葉の心配もなく女性ならではの相談や多様なダイビングスタイルにも対応可能だ。
c/o White Sands Resort & Spa Maribago Mactan Lapu-Lapu city CEBU 6015 Philippines
Tel=+63-32-495-8021
Mail:direct_yoyaku.toiawase@bluecoral.jp

ブランニューシー

仕事帰りに寄りやすい代々木上原にある東京店はアットホームな雰囲気のお店で、コースディレクターが常駐しているためどんな相談にも迅速に対応できる。また女性が不安なくレベルアップできるよう女性インストラクターも常駐。いっぽう沖縄本島・北谷エリアに位置する沖縄店は目の前が海という絶好のロケーションで、毎日ガンガン潜れるためステップアップに最適だ。
東京都渋谷区元代々木町10-7 五月ビル1階 Tel=03-3481-0551
ショップページはこちら

BLUE&SNOW DIVING

“せっかく始めるダイビング、楽しく続けられなければ意味がない”をモットーにさまざまな企画を用意し、スキルアップだけでなくゲスト同士の交流も図っているお店。毎年300本を超えるファンダイブツアーに加え、月に何度も開かれるパーティやドルフィンスイミングなどのイベントを通し、気がつくと仲間が周りにたくさん増えている。アットホームでひとりでも気軽に立ち寄りたくなるショップだ。
東京都世田谷区代田2-18-12 ガーデニア代田1F Tel=03-5430-5377

久米島ダイビングセンターしらはまマリン

NAUIコースディレクターが常勤しており、久米島で唯一ITCを開催できるお店。ITCまでの「短期集中コース」と「現場で経験を積みながら格安で受講できるワーキングコース」の2コースを常時開催! 希望に合ったプランニングが可能。「しっかり聞いて、丁寧にお応えする」ステップアップコースだけでなく、初心者・お1人様に心地の良いホスピタリティ・ダイビングをお届けしています。
沖縄県島尻郡久米島町字比嘉160-38 Tel=098-896-8787
ショップページはこちら