DIVE BIZ SHOWで見た!2012年注目の新製品

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

DIVE BIZ SHOWで見た!2012年注目の新製品

特集


「DIVE BIZ SHOW2012」が2月1日、2日とベルサール新宿セントラルパークにて開催された。
ダイビング関連企業約20社が出展し、各企業が自社製品のアピールを行う日本で唯一のダイビング総合ビジネス展。各ブースには魅惑の新商品や、各社自慢の商品がズラリと並び、大賑わい。
注目はなんといってもフィン。大人気のGULLミューフィンに対抗するラバーフィンが登場!ダイビングシーンに新たな風を吹き込む予感。
レギュレータやBCも各社工夫を凝らし最新技術を遺憾無く発揮。今までの常識を覆すアイディアと技術が盛り込まれ、『その手があったか!』と思わずにはいられない。多くが春から登場する新商品。シーズンインに向けて見逃せないアイテムを要チェック!

新製品がズラリ!




各社が細部にこだわり、使用感を高めたマスク

注目度の高かったTUSAのフィン。これから新たなフィン時代の到来?

scubaproのベルトはスキー靴タイプの今までにないタイプ

レギュレーターも各社、最新の技術とデザインで勝負

Fish Eyeのsony用カメラハウジングは、なんと本体と同時発売

Fish Eyeからマリントートバックが登場。かわいいのに使える優れモノ


2012年のトレンドは?注目は?

ラバーフィンがアツい!

DIVE BIZ SHOWで注目度の高かった新しいフィン。
TUSAからはMEWフィンのライバルとなるであろうラバーフィンKAILが登場。通常、サイズが大きくなるにつれて長くなるラバーを極力短くすることで、「1ダイブ最後まで楽に蹴りきれるフィン」を実現。まさに「疲れずに早い」フィンなのだ。カラーバリエーションは5種類。フィンの脱着しやすさにもこだわり、細かい部分への配慮も感じる作り。
また「フィンのパフォーマンスはブーツ次第」を掲げ、専用のブーツにもこだわった。土踏まず部分も考慮し足にフィットさせた設計でフィンが持つ最高のパフォーマンスを引き出す。

B-ismからはMEWフィンのGULLと協力した新しいラバーフィンを発表。ブレード本体とキール部分のラバー硬度を変えて、より自然なフィンワークを目指したFF MEW Z(ゼータ)Hybrid。オリジナルブレンドのラバーが確かなストロークフィールと、疲労軽減,水中姿勢の安定に威力を発揮する。黒を基調としたデザインにキール部分に入った赤が高級感を醸し出し、最先端の印象を与える。

TUSAホームページへ
B-ismホームページへ

夏の注目を独り占め!?デザイン性抜群のウェットスーツ

王道派も個性派も誰でもお好みデザインを見つけられるのがMOBBY'Sのウェットスーツ。とにかくバリエーションが豊富。個性を主張したいあなたも、かっこよさを追求するあなたも、かわいさを求めるあなたも、セクシーがテーマのあなたも、「探していたのは、これだ〜!」というモノが必ず見つかるはず。
女性ならフロントロングジップと、裏地のゼブラ柄が魅惑的な女性を演出するQUEEN ALLURE、リボンや隠れたハートのモチーフが女心をくすぐるSHE'S POUPEE、鮮やかな色彩が目を惹くSHE'S PIXYがオススメ。
男性用は機能性、デザイン性に徹底的にこだわったEBOLGが新登場。肩と太ももサイド部分に地球のイメージをプリントし、世界を旅するダイバーにピッタリのスーツ。またオシャレな男性ダイバーにオススメなのが肩部分に個性的な柄をあしらったNEON ID FUTURE。2012年の新柄が追加となり、月刊ダイバーでもおなじみの鍵井靖章カメラマンのホヤ写真をアレンジした「IDYK」は、他のダイバーの注目を集めること間違いなし!

MOBBY'Sホームページへ

BCのポイントはハーネス!

アクアラングの新しいBCはハーネスが腰の部分だけ。「ハーネスがなくて大丈夫?」という心配をよそに、実際装着してみると背中にピタッとフィットし安定感抜群。ハーネスがなくなることでコンパクトに収納も可能。また従来の左肩からぶら下がっていたインフレーターホースがなくなり、左腰にあるi3レバーの操作のみで吸気と排気が容易にできるようになった。どんな姿勢でも楽にBC操作ができてしまうのも嬉しい。
marresのBCはハーネスとフロートが別々になるので、ドライスーツ時に、ドライスーツだけで浮力調整ができる人はハーネスだけを使用したり、フロートもタイプがあるので、ポイントや講習内容によって付け替えることも可能に。ハーネスの新設計によりBCが二つ折りにできるのでコンパクト収納ができる。また腰ラインにフィットする新構造の立体パッドにより快適な装着感を実現した。

AQUA LANGのホームページへ
maresのカタログへ

Newダイコンはインターフェイスも機能も画期的!

marresの新しいダイブコンピュータ、MATRIX(マトリックス)。マトリックスと言えば、斬新な映像とアイディアで一世を風靡したSF映画。このNewダイコンも画期的なインターフェイスと機能で、私たちを「あ!」っと驚かせてくれる。
表示できる機能がこれまでの腕時計タイプのダイコンとは比べものにならないほど豊富で、ダイブログが5秒間隔のグラフで視覚的に見ることができたり、コンパスモードや時計のアナログ表示も可能。今までは何となくつけていたログも、緻密にデータ化され視覚的に見れることで自分のダイビングをより客観的に見つめ直すことができるかも。また、内蔵バッテリーの充電式のため電池交換の必要はない。充電器はUSBコネクタで置くだけタイプ。1〜2時間のフル充電でダイビングログ10本分は持つので,旅行でも問題ない。充電と同時にパソコンと接続ができ、情報のダウンロードや最新ファームウェアのダウンロードも可能という、まさに優れものなのだ。

maresのカタログへ

世界初の技術も!様々な工夫を凝らしたストロボ

SEA&SEAの新しいストロボは、ガイドナンバー32の大光量からガイドナンバー1までの超微発光まで、そのコンパクトなボディからは想像もできない高性能。また水中ストロボとしては世界初となるTTL方式において世界初のEVコントロールシステムを実現。これによりTTL補正が今まではアバウトにしかできなかったものが、正確に補正することが可能となった。また爽やかなブルーにウミガメ・ハリセンボン・ミナミハコフグなど沖縄の海に住む可愛らしい生き物たちをモチーフにデザインされたうみまーるバージョンは、機能だけではなくデザインにもこだわりダイバーの心をくすぐる。

Fish eyeからは明るさの違うライト3種が登場。発光部とバッテリーが別になっていて、バッテリー部分をグリップにしたり、アームにしたりと、使う人によって様々なアレンジが可能。機能性はもちろんのこと使い勝手の良さも重視し、様々なシーンに対応できるのでカメラ派ダイバーにとっては嬉しい一品だ。

SEA&SEAのホームページへ
Fish&Eyeのホームページへ