ボートレーサー 馬場貴也さん/今月のダイバー

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

ボートレーサー 馬場貴也さん/今月のダイバー

日本最速ボートレーサー
ジンベエザメに圧倒される

文=須賀 潮美 人物撮影=加藤文雄

日本最速記録を持つボートレーサー

1分42・2秒。2012年、馬場貴也選手はボートレースの最速記録を叩き出した。ボートレースは600mのコースを3周周回し、1800mのスピードを競う。平均タイムはおよそ1分47秒。それをはるかに上回る圧倒的な記録である。
「地元のボートレースびわこで記録を出せたのが、なによりもうれしかったです。記録を出した時は、気温が低く、気圧が高く、水面も穏やかで好条件が整っていました。『今日は絶対記録を出したい』とがむしゃらに走ったことが記録につながりました」
とはいえ、前人未到の記録は気持ちだけで出せるものではない。レースの途中で1着になることがわかっても、1800mのゴールまで全速力で走り切る。つねにスピードのあるターンを追い続け、妥協を許さない姿勢が記録を生み出した。トップレベルの選手は努力を惜しまない。
「レースに臨むときは『エンジンやプロペラの調整を時間が許す限りやる』という自分なりのルールを決めています。僕は妥協してしまうと不安で仕方がないんです。『やっておけばよかった』と後で思うんだったら、できることを最大限にやりたい。ファンに大切なお金を懸けてもらう立場なので、そこで自分が妥協してしまったら失礼ですから。やれることはやろうと決めています」


滋賀支部の選手仲間とセブ島へ。オスロブで出会ったジンベエザメに皆で興奮!

潜っていることが最高に楽しい

もともと海が好きでスノーケリングを楽しんでいた馬場さんは2008年、地元の滋賀支部のレーサー仲間とともにサイパンでCカードを取得した。その後、奥さんもダイビング仲間に引き入れた。
「当時交際中だった嫁さんも『絶対やりたい』というので、石垣島の知り合いのインストラクターにお願いして講習を受けました。2人がいちばん感動したのが、めっちゃ小さいカクレクマノミが必死になって泳いでいるのを見た時ですね。小動物系が好きなのでたまらない気持ちになりました。その後は子供が生まれたので嫁さんはダイビングをお休みしていますが、子供が大きくなったら、家族で潜りたいと思っています」
年に1度はレーサー仲間と潜りに行く馬場さんがもっとも感動したのはセブ島のオスロブで、ジンベエザメを見た時だという。その迫力に圧倒された。
「あんな大きな生き物を目の前で見られるなんて、スゴイとしか言いようがありません。ガタガタ道を車で3時間も揺られて、途中で『来なきゃよかったかも』と思ったくらいです。台風の影響でジンベエザメはいないかもしれないと聞いていたのですが、10匹も現れて、もう最高でした!」

ボートレースとダイビングは、共に「水」に関わるものだ。水上を時速80㎞で駆け抜けるボートレースと水中をゆっくり泳ぐダイビングではスピード感は違っても、どこか共通するものがあるのでは? と馬場さんに聞いてみた。
「正直考えたことがありません(笑)。ダイビング中は仕事のことをすべて忘れていますから。自然とスイッチをオフにでき、ダイビングをすると『次から頑張ろう』と気持ちの切り替えができます。共通点を挙げるとすると、ダイビングもボートもバランスが大事なところじゃないでしょうか。自分の身体を研ぎ澄まし、バランス感覚を養う点は似ているかもしれません」

今年はGⅠ、SGレースで優勝を目指す

全国におよそ1600人いるボートレーサーは、実績によりA1~B2の4つのランクに分けられ、トップランクのA1は全レーサーのうち20%しかいない。馬場さんの昨年の賞金ランキングは47位。12月末に開催された賞金王シリーズ戦にも参戦した。
「昨年は年末の舞台に立つことを目標にしていたので、それは達成できました。今年の目標はもっと上位を目指し、GⅠレースで優勝、SGレースの優勝戦の出場、優勝を目指していきたいと思います」
ボートレースはSG、GⅠ、GⅡ、GⅢ、一般戦の5つのグレード(格付け)がある(詳細は135ページの表参照)。上位のSG、GⅠレースは、ボートレーサーなら誰もが目指すハイグレードレースだが、厳しい条件をクリアした一握りのレーサーしか参戦できない。
「レースの大小にかかわらず、1着を取った時は最高に気持ちいいですね。これは他の仕事では味わえないことなので、そういう仕事をさせてもらっているのはすごく幸せですが、もっと上を目指したいですね。SG、GⅠはトップレベルの選手ばかりですから、妥協やちょっとしたミスは絶対に許されない、参戦してみると居心地のいい緊張感があります。ここを主戦場に戦えるレーサーになれるように精神的にも強くなり、経験も積んで、圧倒的な強さを持ったレーサーになりたいと思っています」


行きたい場所はパラオ。「ジェリーフィッシュレイクで癒されたい」という馬場選手

馬場選手の出走予定

2月15~18日戸田、2月25日~3月2日三国のレースに出走予定。以後のスケジュールはボートレース公式サイトの「ボートレーサー検索」で確認できる。
www.boatrace.jp

ボートピア京都やわた

京都府八幡市八幡一ノ坪14番地1
Tel.075-972-3622(代表)
HP:ibpky.co.jp

01)「プレミアムサロン悠游」は、写真の「桂」に加え、「淀」「木津」の計3室。有料席は他に、指定席A・Bと特別席(ルームチャージ制)がある
02) SG・GⅠレースを中心に展開される「亮太予想」は、ここでしか入手できない情報
03) 55インチの6面マルチビジョンが3式設置された一般席は臨場感が抜群(220席)
04) 6か月~8歳が対象のキッズルーム(無料)。未確定舟券の提示で利用可能なキッズカフェ(ソフトクリームやドリンク、綿菓子などがフリー)は、家族連れに大好評

ボートレースびわこの全レースを中心に、全国で展開されるSG、GⅠ、ナイターレースなど1日最大4場の舟券を発売する。施設2階の「プレミアムサロン悠游」は、ゆったりした空間と専任のコンシェルジュがつく贅沢な部屋。また、全国に先駆けてキッズルームを完備しているのが特徴だ。マジックショーやマグロ解体ショー、はずれ舟券抽選機「チャンスBOX」(抽選で最高5,000円のキャッシュバック)を館内に10台導入するなど、ファンサービスに力を入れている。京阪「八幡市駅」とJR「松井山手駅」から無料送迎バスが運行。約600台収容の無料駐車・駐輪場完備。

4月にオープン8周年記念のイベントを開催予定。「チャンスBOX」では、テレビや自転車、2万円のキャッシュバックなど豪華賞品を予定している

レース場観戦ツアー参加者募集!

月刊ダイバースタッフといっしょにボートレース場へ遊びに行きませんか? ビギナー向けのレクチャー、特別室での観戦、ピット場見学、チーム対抗舟券予想ゲームなど、特典満載です。3月14日(土)、ボートレース福岡で実施予定。参加費は無料です。詳細はこちら

BOATRACEオリジナルQUOカードをプレゼント!
アンケートにお答えいただいたかたの中から、毎月5名様に500円分のQUOカードを差し上げています。ご応募お待ちしております。
アンケートはこちら