第4回ボートレース観戦ツアー開催リポート

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook スタッフブログ instagram 月刊DIVER

第4回ボートレース観戦ツアー開催リポート

3月14日、福岡県福岡市にある「ボートレース福岡」にて、第4回ボートレース観戦ツアーを実施しました。月刊ダイバーでは、ボートレーサーインタビューなどの連載を掲載していますが、読者のかたに実際にレース場でボートレースの魅力を感じていただこうと、BOAT RACE振興会と共同で開催しているイベントです。

「ボートレース福岡」は、福岡市の中心街として栄える天神から徒歩10分。アクセスもよく、レース開催日には多くのファンが詰めかけます。さすがボートレース発祥の地である九州のためか、活気が違います!

ボートレース福岡集合写真

★プログラム★
10:30 ボートレース福岡1階入場ゲートに集合
10:50~11:50 特別観覧席「ロイヤル席」にてレクチャー、水摩敦&滝澤友恵選手登場
11:50~12:40 昼食タイム
12:40~13:50 ピット場見学
13:50~14:30 舟券予想説明
14:30~16:00 グループ対抗舟券予想ゲーム
         結果発表、景品贈呈

施設の4階にある特別観覧席「ロイヤル席」を使わせていただき、まずはレクチャーから。「ボートレースは初めて」というかたを対象に実施したので、ビデオで「ボートレースとは?」の基礎知識をアニメーションで解説。そして、スペシャルゲストの水摩敦&滝澤友恵選手が登場です。お二人は月刊ダイバー2014年5月号に登場いただきました。ご夫妻でボートレーサーとして活躍し、ダイビングもいっしょに楽しむ。なんでも2人でいっしょにするという仲よしボートレーサーご夫妻です。レーサーを目指したきっかけやレースの目標などのお話し。そして2人でダイビングを始めた時、滝澤選手は泳げるにもかかわらず足の立つ場所でうまくレギュレーター呼吸できずに溺れそうになったというエピソードが披露されると笑いが起こり、一気に打ち解けた雰囲気に。気さくな二人の話から、ボートレーサーがより身近になります。

ロイヤル席の一画を貸し切って、スペシャルイベントのスタート!
ロイヤル席の一画を貸し切って、スペシャルイベントのスタート!

仲よしレーサーカップルの水摩選手(写真右)&滝澤選手(中央)
仲よしレーサーカップルの水摩選手(写真右)&滝澤選手(中央)

昼食を挟んで、ピット場の見学へ。ボートレースの本陣であるピット内は、こうした機会でない限り立ち入ることができない特別な場所です。陸上に置かれたボートに水摩選手が実際に乗り、操船やライディング方法を解説。全身を駆使してボートをコントロールする様子や、一瞬の判断の遅れが順位に大きく影響するなどの話に、参加者は引き込まれます。

レースで使用されるボートに触れ、仕組みを聞く参加者の皆さん
レースで使用されるボートに触れ、仕組みを聞く参加者の皆さん

水摩選手がライディングスタイルを披露。スタートラインに向けて全速疾走するときの姿勢です
水摩選手がライディングスタイルを披露。スタートラインに向けて全速疾走するときの姿勢です

イベント実施日は「ヴィーナスシリーズ第12戦・めさーじゅ&BuzzTokuカップ」の4日目。準優勝戦や優勝戦へと進めるか、いわゆる“勝負駆け”の日です。参戦するのは女子選手のみ。出場する46名の女子選手が華やかなウエアに身を包み、きびきびと動き回る姿に、参加者からは「カッコいい!」という声が上がります。その後は、一般のスタンドに移動して、6レース目を間近で観戦。小柄な女子選手たちがエンジン音を響かせながら、時速約80㎞で駆け抜け、コーナーでもスピードを落とさずに順位を競う様子に大興奮です。

走り終わったボートが戻ってくると、選手たちが一斉に集まり、撤収します
走り終わったボートが戻ってくると、選手たちが一斉に集まり、撤収します

出走直前までエンジンやプロペラを調整する選手たち。メカニカルな調整も選手自身が行います
出走直前までエンジンやプロペラを調整する選手たち。メカニカルな調整も選手自身が行います

エンジン音と水しぶきは圧巻! さすが“水上の格闘技”です!
エンジン音と水しぶきは圧巻! さすが“水上の格闘技”です!

そして、舟券予想ゲームに入る前にサプライズが! なんとこの日は参加者のお一人がバースデー。キャンドルを立てた大きなケーキを水摩選手が持って登場すると、参加者全員から「おめでとう!」の声が上がります。

水摩選手がバースデーケーキを持って登場!
水摩選手がバースデーケーキを持って登場!

参加者の大半は、ボートレース場に来るのも舟券も買うのも今回が初めて。ハイライトである舟券予想ゲームに臨むため、どう舟券を買えばいいのかがアニメーションでわかりやすく解説されたビデオを見ます。そして9~11レースで、1チーム3名、5チームに分かれての舟券予想ゲームの始まりです。今回は1チーム1レースにつき、3,000円のポイントがあると仮定して、3,000円分を使って好きなように予想してもらいます(3レースで合計9,000ポイント)。

ゲームがスタートすると、データがびっしり並んだ出走表を食い入るように見つめます。舟券には1着、2着の選手を着順通りに予想する「2連単」、順不同で予想する「2連複」、同様に1~3着を予想する「3連単」「3連複」などさまざまパターンがあります。実力によりA1~B2までランク分けされたレーサーのうち実力選手を中心に予想をするか、それともレースに有利な1コースに掛けるか、大いに悩みます。そしてボートが出走すると、観覧席からレースを見ていた参加者からは「当たった!」「外れた~~。でも、次のレースは当てるぞ」と声が上がり、次第にヒートアップしていきます。

これが舟券購入に欠かせない情報が満載された出走表です
これが舟券購入に欠かせない情報が満載された出走表です

4階のロイヤル席からはピットから第1ターンマークまで、眼下に見渡せます
4階のロイヤル席からはピットから第1ターンマークまで、眼下に見渡せます

水摩選手&滝澤選手から、水面コンディションの見方や干満の影響を受けるボートレース福岡の特徴、スタート前のレーサーの駆け引きなどを聞き、さらに真剣にレース予想に臨みます。実際の舟券は1枚100円から購入できるので、参加者の多くが予想ゲームと並行して実際に舟券購入し、リアルにボートレースを楽しんでいました。

3レースが終わってみると、予想ゲームの成績は次のとおり。

1位:Aチーム 19,650円
1位:Aチーム 19,650円

2位:Bチーム 17,700円
2位:Bチーム 17,700円

3位:Eチーム 15,050円
3位:Eチーム 15,050円

4位:Dチーム 13,080円
4位:Dチーム 13,080円

5位:Cチーム 2,700円
5位:Cチーム 2,700円

 

なんと5チーム中、4チームが大幅に勝ち越すという結果に、ボートレース振興会のスタッフも「これはすごいことです!」とビックリ。福岡のダイバー読者は勝負運が強いのかもしれません。きっと次のダイビングでは大物運に恵まれるでしょう!

1位になったAチームには、水摩敦選手からサイン入りのプロペラが1人1つずつプレゼントされました。このプロペラで大金を稼ぎ出したという貴重なもの、部屋に飾れば、運気が揚がること間違いなしです。そして、Diver’s Storeからは、それぞれのチームに、(1位)ウミウシ柄マグカップ&写真集、(2位)さかなクンバンダナ&キューピー人形、(3位)ミナミハコフグ柄ログブックバインダー、(4位)ミニクロス、(5位)クリアファイルを贈呈。さらに参加者全員には、BOATRACE振興会からオリジナルクリアファイルやTシャツ、バッグ、1,000円分のお食事券など、ボートレース福岡からは、オリジナルキャラクターのペラ坊のグッズなど、Diver’s Storeからはカメラケースなどもプレゼント。5時間を超えたボートレース観戦ツアーでしたが、気づけばあっという間に終了の時間を迎え、特典満載のイベントを存分にお楽しみいただけたようです。

お集まりいただいた皆さん、ありがとうございました!

1位のチームにプレゼントされたプロペラ。水摩選手が実際にレースに使用し、サインを入れてくれた貴重なものです
1位のチームにプレゼントされたプロペラ。
水摩選手が実際にレースに使用し、サインを入れてくれた貴重なものです

参加した皆さんからは「女性がこんなに活躍しているとは知りませんでした」「ボートレースはわかりやすい」「勝てたので、ボートレースファンになりました」等々の感想が。ボートレースの魅力に開眼されたようです!

ボートレースは全国24場のどこかで、ほぼ毎日レースが開催されています。舟券は、レース場以外でも、ボートピアやオラレ(場外発売場)、そしてレース場併設の外向発売所(ボートレース福岡の場合は「ペラボート福岡」という名称)でほぼ毎日購入できる他、インターネットや電話でも投票できます。

ボートレース振興会
http://www.boatrace.jp/

ボートレース福岡
http://www.fukuoka-kyotei.com/
迫力のレースを間近に見られる1階、吹き抜けの開放的な2~3階は入場者なら誰でも利用できる一般席がある。野外には家族連れがピクニック気分で観戦できる芝生広場もあり、福岡の中心地にありながら、開放的な雰囲気でボートレースが楽しめる。今回のイベント会場となった4階のロイヤル席は、第1ターンマークが見下ろせる絶好のロケーション。全席に専用モニターが付き、スポーツ紙やソフト飲料が無料の特典もある(料金:本場開催日1人3000円/日)。「ボートレース福岡」では、ファン感謝のためのイベントも随時開催している。ちょうど本誌のイベント開催日と同じ日に「プレミアムファン感謝DAY」が開催されており、トークショーにはイケメンボートレーサーランキング第1位の篠崎元志選手、女子レーサー賞金ランキング1位の日高逸子選手(いずれも福岡支部所属)などが登壇した。

※「ボートレース福岡」は、福岡市と福岡都市圏広域行政事業組合が運営する公営競技です。収益金の一部は、地方財政に寄与しています。

ボートレースに関する基礎知識
http://www.boatrace.jp/enjoy/guide/