ミニボートピア名張に潜入!

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook スタッフブログ instagram 月刊DIVER

ミニボートピア名張に潜入!

 

8月11日、三重県初となる場外舟券発売場「ボートレースチケットショップミニボートピア名張」がオープンした。
さっそく三重の海をホームグランドにする〈DIVING SHOP & SCHOOLサンマーレ〉の皆さんが、潜入リポート!

三重県内に初となる「ボートレースチケットショップミニボートピア名張」(以下MBP名張)が、8月11日にオープンした。名張市は奈良県との県境に位置し、ボートレース津・住之江・びわこを結んだ三角形のほぼ中央というロケーションでもある。今回は津市に本店を構える〈DIVING SHOP & SCHOOLサンマーレ〉の皆さんが、オープンしたばかりのMBP名張で舟券購入体験! 国道165号線付近にある白い建物は、遠くからでも目立つ存在だ。ほとんどの人は自家用車利用だが、名張駅からタクシーに乗ればわずか1メーター。しかも利用金額分のギフト券(舟券購入に使える)がもらえ、帰りは駅まで送ってくれるというサービスも。

館内に一歩足を踏み入れれば、天井も高く広々とした空間だ。今回、潜入チームは有料の個室「つつじ」へ。ソフトドリンクも無料で飲め、ワイワイ盛り上がるには最高の場所だ。まずはルール解説を受けた後、室内のモニターでレースの様子や選手情報、オッズなどを確認。加えて、MBP名張の名物社長「モンスター野中予想」もチェック! 潜入チームは、6場の中から多摩川のGⅠレースと、下関のGⅢ女子レースから、計6レースを対象に舟券を購入した。女子レースは比較的当てやすいと言われているが、今回はなかなかの波乱。GⅠレースは出走する選手が皆A1級で予想に苦戦。しかし舟券を購入して見るレースは白熱し、お目当ての選手の航走を食い入るように見つめる。結果は……、3名とも勝ち舟券をゲットしたが、払戻金がいちばん多かったのは無欲で臨んだ西山さん! でも、これだけでは終わらない。ハズレ舟券もお楽しみに変えてくれるのが、「Wチャンスボックス」だ。ハズレ舟券を投入すると、抽選でギフト券やQUOカードが当たる。潜入チームに当たりは出なかったが、最後の最後までたっぷりとワクワク感を楽しんだ。


01.潜入チームが今回お世話になったのは、有料個室の「つつじ」。利用料は1日5,000円
02.舟券は、20歳以上なら、100円から購入できる
03.ハズレ舟券で抽選ができる「Wチャンスボックス」は館内に3か所
04.MBP名張の社長は、SG優勝17回を誇る元選手の“モンスター”野中和夫氏。野中氏がレース予想を行う「モンスターTV」は人気プログラム。選手によるトークショーなどではMCとしても活躍。http://ameblo.jp/miniboatpia-nabari

光永和也さん

以前は「勝つぞ」と1人で行っていましたが、ボートレースは皆でワイワイ見ると楽しさも倍増すると実感。名張市在住のゲストも多いので、海が荒れて潜れない時などは、こうして個室で観戦もいいですね。

西山真由さん

まさか私がボートレースの舟券を買って、しかも勝つとは思っていませんでした。でも勝ったらうれしくて、ニヤニヤが止まらなくなりました。女子レースでは私と同世代の選手が颯爽と走っているのがカッコよかった。あこがれますね!

山田明香音さん

興味はありましたが、ルールもわからないし、舟券もどう買ったらいいかわかりませんでした。ボートレースの仕組みがわかったので、これからは一人で行っちゃうかも。トップレベルの男子選手の走りはすごい。速さに圧倒されました!

Diving Shop Info

DIVING SHOP & SCHOOLサンマーレ
20年間無事故で、これまで1000名以上のダイバーを誕生させているダイビングスクール。2013年には名古屋店もオープン。また〈五カ所湾ダイビングサービス〉も運営している。

三重県津市藤方 593-1
Tel.059-246-8511
www.sanmare.jp


01.液晶モニターが複数並び、随時最新の豊富な情報が提供されている無料の一般席
02.「ボートレースチケットショップミニボートピア名張」は入場無料で、誰でも入りやすい開放的な雰囲気だ
03.1室定員6名の有料グループ席。写真はやや広めの個室「ききょう」で、利用料は1日6,000円
04.専用モニターが付いた有料シングル席。利用料は1日1,000円。ペアシート席もある>

ボートレースチケットショップ ミニボートピア名張

〒518-0445 三重県名張市瀬古口30-1
Tel.0595-62-7018
www.infoworld.co.jp/nabari

アクセス>> 近鉄大阪線「名張駅」から約1.3km(徒歩約15分)。国道165号線「瀬古口交差点」から約200m。名阪国道「針IC」「上野IC」から約20分。
営業時間>> 10:00~ナイターレース終了まで
発売日数>> 年間最大360日。ボートレース津が開催する全レースをはじめ、全国で展開されるSG・GⅠやナイターレースなどの舟券を1日最大6場・72レース発売。
窓口数>> 12窓(一般席9窓、有料席3窓)
座席数>> 162席(一般席100席、有料席50席、有料グループ席2室:12席分)
駐車場>> 車(104台)、自転車(20台)

What's Nabari City

近鉄特急で名古屋から90分、大阪難波から55分。名張市には、伊賀忍者の修業の場として知られる赤目四十八滝など緑豊かな自然に囲まれている。特産品は、清らかな水と盆地特有の気候が育んだ伊賀米、伊賀酒、伊賀牛などがある。

Local News

三重支部に所属し、A1クラスで活躍する桐本康臣選手。じつはご実家が、ダイビングサービスを営んでいる。熊野市大泊にあるトップダイビングサービスだ。大泊港からのボートダイビング、須野町でのビーチダイビングの両方を提供している。