沖縄で働きながらダイビングのプロを目指す!<ダイブマスター編>

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

沖縄で働きながらダイビングのプロを目指す!<ダイブマスター編>

WSコース卒業!新たな夢に向かって

前回まで7回にわたって追いかけてきた、沖縄で働きながらダイビングのプロを目指す<ワーキングスタディコース>。そのワーキングスタディコースには、ご紹介してきた<インストラクター>を目指すコースと、もう一つ<ダイブマスター>を目指すコースがあるのをご存知ですか?
<ダイブマスター>と聞いて、「ダイビングのプロなの?」「インストラクターコースの通過点にあったよね?」「インストラクターと何が違うの?」と、ピンとこない人も多いかもしれません。
今回は、特別編としてその<ダイブマスター>コースに注目!
環境や、働きながら学べる点、即戦力のプロになれる点は<インストラクターコース>と同じですが、内容や目的が少し変わります。その違いや選ぶポイントなど、実際の講習生たちの声を交えながらご紹介します。

【全7回】シーサーのワーキングスタディコース

vol.1 夢に向かって第一歩を踏み出そう!ワーキングスタディコース全体をご紹介
vol.2 ダイビング講習がスタート。ステップアップ講習その1【AOW、SP】
vol.3 自立したダイバーへ!ステップアップ講習その2【EFR、RED、DM】
vol.4 ついにプロへ!ステップアップ講習その3【EFR IR、IE、IR】
vol.5 即戦力スキルが身に付く! インターンシップ前編
vol.6 インストラクターとして自信がつく! インターンシップ後編
vol.7 WSコース卒業!新たな夢に向かって
特別編 ダイブマスターコース Now!

ダイブマスターコースはこんな方におすすめ

沖縄で即戦力として働けるプロになりたい

シーサーは沖縄に6店舗を展開し30年以上の実績があるダイビングショップ。学びながら経験を積むことができる。卒業後、すぐに働ける知識と技術が身に付き、働ける環境が整っているのも魅力だ。

海で働くノウハウ全般を経験して学びたい!

ダイビングだけではなく、カヤックやジェットスキーなどマリンアクティビティメインに経験を積むので、ダイビングに特化した<インストラクターコース>に比べ、海の仕事全般を学ぶことができる。

さまざまな経験を通して、自分の適正、道を見極めたい

ダイビングをはじめ、海の仕事全般を学ぶことができ、コース終了後には、インストラクター奨励金が出るので、インストラクターの道に進むための環境も整っている。実際の経験から自分の道を選択できる。

インストラクターとダイブマスター、どう違うの?

それぞれのランクの違いは?


ダイブマスター(DM)インストラクター(IR)
ライセンス講習ができないライセンス講習ができる
Cカードを持っているダイバーのみ
ガイドできる
Cカードを持っていない人に
ダイビングを教えることが出来る

各コースの違いは?


二つのコースの大きな違いは、実務経験を多く積むことができる夏をインストラクターとして過ごすのか、ダイブマスターとして過ごすかによって、担当するマリンメニューの内容が変わること。
「ライセンス講習ができるようになりたい」「新しいダイバーを育てたい」など、最初から目的が明確なら<インストラクターコース>がおすすめ。インストラクターとしての実務経験を多く積むことができるからだ。
とはいえ、ダイビングはマリンスポーツの1つに過ぎない。ジェットスキーやシーカヤック、マリンウォーク、スタンダップパドルサーフィンなど、さまざまな実務経験を通じて、今後の自分の進路、適正を見極めたいという場合は<ダイブマスターコース>が良いだろう。

ダイブマスター実務の様子
1.ジェットスキーの引き上げ風景
2.今年から始めたパラセーリング!沖縄県北部、名護湾を満喫できます
3.カヤックが乗れるようになるのは、北部の強み。多岐にわたるメニューを開催できるようになります!
4.ワーキング期間中に操船も勉強できるメリットは非常に大きい。必ず卒業後、役に立つスキルです。

また、<インストラクターコース>は1月スタート、<ダイブマスターコース>は3月スタートなので、自分のスケジュールの都合や、1月に間に合わなかった場合、<ダイブマスターコース>を選択するというのもOK。
シーサーでは<ダイブマスターコース>終了後、希望者を対象にインストラクタートレーニングコースを開催していて、インストラクター奨励金として18万円が支給されることもあり、<ダイブマスターコース>終了後にそのままコースを受講し、インストラクターになる人も多い。
それを見越して、DMコースの研修や講習時にインストラクターの資質を磨けるような内容を盛り込んでいるので、インストラクターになりたい人にとっても安心だ。ダイビングだけではなく、さまざまな経験を積むことができるので、海に関わる仕事の幅を広げるという意味では、<ダイブマスターコース>は非常に優れている。

●ダイブマスターコース

スノーケリングやカヤックツアーのガイド、マリンウォークガイド、水上バイクの免許をもっている人ならジェットスキーのインストラクターが主な仕事となる。
コース終了後は即戦力のマリンスタッフとなれるはずだ。

●インストラクターコース

体験ダイビングやダイビングスクール、FUNダイビングのガイドアシスタントなどが夏の主な仕事となり、インストラクターとして多くの経験を積むことができる。
コース終了後には即戦力のインストラクターになれるはずだ。

ダイブマスター実務の様子
スキルトレーニング!
デモンストレーション(お手本で行うスキルのこと)をいかに見やすく、わかりやすくするのか。
一つのスキルでも考えることはいっぱい!

ダイブマスター実務の様子
ベリーで人気の水中散歩、マリンウォーク。2時間でしっかり楽しめます!

コースのスタート時期は違うが、スケジュールは<インストラクターコース>のダイブマスター取得までと一緒。ダイブマスター取得後、インストラクターコース同様、インターンシップで実務経験を積んでいく。期間は3月から12月までの9ヶ月間。そこからインストラクター取得を目指す場合は、翌年の2月に予定されているインストラクター試験までの2ヶ月間、インストラクタートレーニングコースで、学力、体力、ダイビング技術、安全管理、グループコントロール、プレゼンテーション能力を磨き、試験受験水準レベルを目指す。
スタート時期や期間、夏の担当業務に違いはあるが、最終的にはどちらのコースも「即戦力のインストラクターを育成すること」を最終目標に開催されている。

実際にコースを受講した卒業生に聞いてみた

実際に<ダイブマスターコース>で学び、現在シーサーで働く卒業生に<ダイブマスターコース>を選んだ理由やコース中のこと、これからコース受講を考えている人へのメッセージなどを聞いてみた。

【質問内容】
①ダイブマスターコースに入ろうと思ったのは? ②実際に入ってみて、良かったと思うことは? ③コース中に大変だったことは? ④コース中の楽しみは何でしたか? ⑤コース中の一番の思い出は? ⑥コース終了後、seaserで働こうと決めた理由は? ⑦今の仕事をやっていて良かったなと思う瞬間は? ⑧未来のWS生へのアドバイスをお願いします!

伊藤 侑紀さん

所属店舗:BERRY万座店

WS前の仕事:プールの先生(指導員)

現在の仕事内容:カヤック、スノーケリング、マリンウォーク、体験ダイビング+JET、SUP、ペイントボール、マングローブ

①仕事をしながらライセンスを取得できるということ。水関係の仕事をしたかった。ダイビングに興味がありました。
②スキルを身に付けることが出来ました。色んなメニューを覚える事が出来る。『楽しかった』とお客様に言われるとBerryに入って良かった!!と思えます。
③講習です。勉強が苦手なので・・・。泳力には自信があっても・・・大変でした。
④講習、試験が終わった後の飲み会。
⑤同期たちと協力しあいながら、講習や試験を受けていた事。同期がいたから、私はダイブマスターまで取得することが出来たと思います。皆には、とても感謝しています。
⑥自分が出来るメニューを増やしたいと思ったから。楽しかったのもあります。
⑦やっぱりお客さまからの声です!!笑顔が見れたり『ありがとう』『たのしかった』『また、来たい』は本当に嬉しいです。
⑧大変なこともあると思いますが自分自身、とても成長できると思います。楽しいこともたくさんあるし、何より、スタッフがいい人ばかりなので色んな事を相談できます。私は皆さんに助けられました。

梶本 航さん

所属店舗:BERRY万座店

WS前の仕事:会社員

現在の仕事内容:最近は主に船長。マリンウォークか、体験ダイビング、スノーケリング等。

①インストラクターコースの受付が終わっていたから。なのでとりあえずDMコースに。
②働きながらなので、仕事とスキルUPが同時に出来る事。
③モチベーションの維持。すぐふざけたり、だらけたりしてしまうので。
④仕事をするのが一番楽しかった。やっぱりメニューにでてお客様と直接触れ合うことができるので。
⑤全て。でも終わった後のイントラ取得の方が思い出に残ってます。
⑥経験を積むため。色んなメニューをする事が出来るので今後のために残りました。
⑦お客様に「楽しかった」と言われるときや、自然を感じられるとき。
⑧どんなことでも楽しむこと!!

木舟 友里花さん

所属店舗:BERRYカヌチャ店

WS前の仕事:工場で働いてました

現在の仕事内容:予約の受付、電話対応。

①海にかかわる仕事がしたいと思っていたので。
②ダイビングについて勉強が出来たこと。尊敬できる先輩方と一緒に仕事が出来たこと。素晴らしい仲間に出会えたこと。いつでもダイビングが出来る環境であること。
③貯金はしていた方がよかったと思いました。心の余裕にもなると思います。
④プライベートでダイビングする事。
⑤ダイブマスターの試験期間中です。人生で1番頑張れたと思います。
⑥一緒に頑張れた同期がいるからです。それと尊敬できる先輩がいるからです。
⑦忙しい時期をみんなで乗り越えた時。
⑧貯金はしておいた方が良いと思います。嫌な仕事も耐えなくてはいけないので、忍耐力は必要だと思います。それと目標を忘れないことが大切だと思います。

田中 直行さん

所属店舗:BERRYカヌチャ店

WS前の仕事:携帯販売や医療機器、ジェネリック医薬品の営業等。主に販売、営業の職種に携わってきました。

現在の仕事内容:JETスキー、スノーケル、カヤックマングローブツアー、テントウェイクボード、体験ダイビング、セグウェイなど。

①以前初めてダイビングをした時にグロットでアオウミガメを見ました。その瞬間世界が変わりダイビングインストラクターの仕事に魅了されました。色々な職種についてきましたが、この先長く続けていくうえで自分の好きな事で相手にも共感してもらえる、そんな仕事はこれ以外ないと思ったからです。
②資格が欲しかったというのもあるので小型船舶や特殊小型(ジェットスキー)の免許も取得させていただき資格を要さないと就けない仕事に携われるのが嬉しかったです。
③泳力テストです。特に立ち泳ぎはもうやめようかと思うくらい大変でした。泳ぎは苦手だったので毎週仕事終わりに水泳教室に通いました。結果15分の立ち泳ぎテストに合格しました。あの感動は忘れません。3,4回やり直したので、人より多く泳ぎました(笑)やればできる!!
④マリンウォークやカヤックマングローブツアー、ジェットスキーにスノーケル等、毎日いろいろなメニューを体験できたことです。
⑤慶良間諸島のアカ島ダイビング研修です。ご飯は美味しいし、海もめちゃくちゃ綺麗でした。ファンダイビング最高。 ⑥ダイビングだけにとどまらず、マリン関連全般の仕事を担っているので、仕事に飽きがこないというか、非常にやりがいを感じたからです。
⑦お客様に『楽しかった』『またやりたい』『ありがとう』などいつも喜んでもらえること。
⑧Berry(SEASIR)は皆さんの期待以上のものが詰まっていると思います。皆さんの夢をバックアップできるよう、我々先輩も経験をもとに全力で応援していきます!!良いスタッフばかりなので、行き詰ったら何でも相談してください。素敵な職場づくりを目指しています。

川合 望さん

所属店舗:BERRYカヌチャ店

WS前の仕事:PA

現在の仕事内容:体験ダイビング、スノーケリング、船長、ちょっぴりFUN、修学旅行当日責任者、受付、事務

①もとはパラオで働きたいと思っていて、そこのお店の採用条件がダイマス以上の資格が必要で、安く効率よく取得できるからシーサーに申し込みました。
②仲間がいたことや、お店の先輩が力になってくれたことは本当に助かった。勉強をしながらマリンスタッフとしての技術や知識が身に付きました。
③お金。貯めてたお金は2,3か月でなくなった。器材を買ったり生活に必要なお金をそろえたりと。
④うちあげ。仲間が面白いくらい成長していくのを見てておもしろかった。
⑤仕事終わりにレストランに皆で集まって練習や勉強会を一緒にやってたこと。そこに先輩が乱入してきてたのも楽しかった。大人になってからみんなでワイワイ勉強したりする機会がなかったので自分には新鮮だった。
⑥カヌチャが大好きだから。カヌチャの人も。
⑦『また来ました』『ありがとう、またよろしくね』ってめっちゃ笑顔で言われた時、手紙をもらったことは最高に嬉しかった。
⑧ダイブマスターはプロです。この先やりたい事が決まってない人とか、今やってる仕事に疲れた人は、一度沖縄に来て海に癒されてみたらいい。自然に触れると悩んでることとかつらいことの考え方が変わるかもしれない。

竹内 慶太さん

所属店舗:BERRYカヌチャ店

WS前の仕事:アミューズメント運営会社の正社員でした。

現在の仕事内容:マリンメニュー全般の担当、後輩育成、修学旅行の当日責任者等。メニューはジェットスキー、ダイビング、シュノーケル、船長、マングローブカヤックのガイド。

①ダイビングのライセンスも無く、未経験の人材でも安い費用でステップアップ出来ると思ったからです。
②寮費、光熱費が無料で日常生活する分にはほとんど困らなかったです。ダイビングのライセンスだけでなく実際にお店の現場で働き、実践的な経験や知識を身に付けながらステップアップ出来て、就職の際即戦力になれたことです。
③ダイビングのライセンス以外にも、現場の仕事や船舶試験の勉強等覚える事が多く、忙しかったことです。
④行ったことのないポイントに毎回潜れるのが新鮮でした。
⑤配属するお店が懇親会で発表されたとき。その時のお店カヌチャ店に今も働いているので、縁だったのだなと思います。(シーサーを紹介してくれた先輩も元カヌチャ店ということもあり)
⑥この業界の中で、色々な部分で待遇が良いと思ったからです。(給料、休日、福利厚生、現場環境等)シーズン後、長期休暇取得制度があったのも大きな理由です。
⑦自分の接客で、想像以上にお客さんが喜び感動してくれた時。1年前や2年前等過去にも一度来てくれたお客様が顔と名前を覚えていてくれた時。人の思い出に残る仕事をしていると誇りが出ました。
⑧もし、やろうかどうか悩んでいるなら、始めてから悩めばいいと思います。人生一度きりなので・・・。自分も何年も迷って決断しました。悔いのない人生を!!

ダイブマスター実務の様子
体験ダイビング中にパチリ。透明度抜群でお魚もいっぱいなんです。

「ダイビングが好き」「海が好き」「沖縄で働きたい」「資格を取りたい」……WSコースに入ったキッカケは人によってさまざま。
一歩踏み出したことで新しい世界が広がり、ワーキングスタディコースという整った環境の中で学んでいく過程で、仕事に対しての喜びを見出し、現在はそれぞれの適正に合った仕事についている卒業生たち。
学んで経験できる環境と働く場所が整っているシーサーだったからこそ、それぞれの夢を叶えることができたのだろう。まずは、一歩踏み出してみることが大事。
迷っている人は気軽にお問い合わせしてみよう。担当者が丁寧に答えてくれるはず。
また、2016年1月、2月と東京・大阪で無料説明会&相談会も開催される予定。実際にインストラクター育成を担当している講師から話が聞けるチャンスなので、興味のある人や悩んでいる人はお見逃しなく。

>>東京・大阪で無料説明会&相談会開催!詳細はこちら

2016年のコース募集中!
ワーキングスタディコースなら、着実にインストラクターを目指し、夢を実現できるはず。
やるかやらないか、それはあなた次第。仲間と一緒に夢を見るチャンスです!

★募集要項
期間:2016年3月9日(水)〜12月8日(木)
募集開始:2015年6月〜
募集人員:10名
食事手当:7万円(※ダイブマスター資格取得後、ダイブマスター業務を担当できる方には、食事手当を15,000円アップ)
寮完備、寮費光熱費 実質無料
講習費すべて無料!(教材代・プロ登録料は負担して頂きます)
コース終了後、インストラクター奨励金として18万円を支給
IRを目指す方には12月から2月まで補助金として月3万円が支給されます。

★募集資格
・20歳から35歳までの健康な方
・要普通自動車免許(AT限定可)
・潜水士の資格(後日取得予定があれば可能)
・12月8日までの期間終了まで勤務できる方
※事前入学し、経験を積むことも可。お問い合わせ下さい!
詳細はこちら

マリンハウスシーサー那覇店

沖縄県内に全6店舗を展開するダイビングショップ。ハード、ソフトの両面において信頼性の高いサービスを提供し、高い顧客満足度を誇る。
那覇店では、3隻の大型高速船を所有し、おもに那覇からケラマへの日帰りダイビングを催行。粟国島や渡名喜島への遠征ツアー、上級者限定のドリフトツアーも定期的に行っている。

TEL:0120-10-2743
HP:http://www.seasir.com/
お問い合わせはこちら

【全7回】シーサーのワーキングスタディコース

vol.1 夢に向かって第一歩を踏み出そう!ワーキングスタディコース全体をご紹介
vol.2 ダイビング講習がスタート。ステップアップ講習その1【AOW、SP】
vol.3 自立したダイバーへ!ステップアップ講習その2【EFR、RED、DM】
vol.4 ついにプロへ!ステップアップ講習その3【EFR IR、IE、IR】
vol.5 即戦力スキルが身に付く! インターンシップ前編
vol.6 インストラクターとして自信がつく! インターンシップ後編
vol.7 WSコース卒業!新たな夢に向かって
特別編 ダイブマスターコース Now!