知ってた? マンタって、1種類じゃないよ!

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook スタッフブログ instagram 月刊DIVER

知ってた? マンタって、1種類じゃないよ!

特集


1種類じゃないの?


マンタと言えば長い間1種類と考えられてきたけれど、実は少なくとも2種に分けられるということを知っているだろうか? 


海洋生物学者アンドレア・マーシャル氏らの研究論文(200912月発行『ZOOTAXA』)によると、私たちダイバーがサンゴ礁沿岸でよく見かけるものとクルーズなど外洋で出会う比較的大型のマンタは別の種類なのだという。前者の学名はManta birostris(マンタ・ビロストリス、以下ビロストリス)、後者の今回明らかとなった種の学名はManta alfredi(マンタ・アルフレッディ、以下アルフレッディ)。


たしかに海外で撮影されたマンタをマーシャル氏が提唱する外見からでも見分けがつくという識別形質に基づいて見てみると、インド・太平洋の熱帯域で見られ沿岸性が強く海域ごとに定着した個体も確認されているアルフレッディはパラオ、ヤップなどの沿岸で見られるし、クルーズ船で外洋を潜り渡るアンダマン海やソコロで撮影されたものはビロストリスだった。


また日本ではどちらの種も確認されている。マンタの個体識別の先駆者として知られる伊藤隆氏(マリンサービス異島)は、これまで日本で得たデータを分析。研究者やダイバーの撮影による日本各地のマンタの写真を同じようにマーシャル氏の識別方法で調べてみたところ、アルフレッディは八重山の石垣島、小浜島、西表島、黒島付近を中心に出現し、宮古島と慶良間諸島では季節によって出現、数は少ないが与那国島、沖縄本島、沖永良部島、奄美大島、高知県(最北)でも確認されたとか。


いっぽうビロストリスは小笠原諸島を中心に出現し、琉球弧や本州、最北の青森県でもわずかながら出現。日本海からはまったく出現記録がなかったという興味深い結果が得られている。

 

日本近海には2種とも分布している!

見分け方は?


 アルフレッディはサンゴ礁などの沿岸域、ビロストリスは外洋と見られる場所や後者のほうが比較的大きいというざっくりした情報はあるものの、それだけでは水中で出会ったマンタがどちらの種類なのか判断しかねてしまう。そこで外見からでも容易に見分けられるポイントをマーシャル氏の論文からピックアップしてみた。

 1つは体盤背面の白色班の形状で、ビロストリスは白色班の前縁が口裂に沿って直線的でかつ平行になっているのに対し、アルフレッディは体盤の正中部に向かって後方へとカーブしている。もう1つは口裂周辺の色でビロストリスは灰色から黒色、アルフレッディは薄い灰色から白色。この2つのポイントに着目すれば誰でも水中でどちらの種類か簡単に識別できるはずだ。

 もともとマンタという日本語の名称は、生物分類階級の1つで種よりも1つ上の単位である“属”の学名がmantaであることや英名やスペイン名のmanta(ラテン語)などに由来している。この通称である“マンタ”が世界中のダイバーに浸透してきたが、これから彼らの生態をより明らかにしていくためにはどこでどの種類を見たのかといったダイバーの情報は重要だ。

 そういった情報を蓄積するためにも2種それぞれの名前を早く覚えたいところだが、ビロストリスにはオニイトマキエイという標準和名があるものの、新しく分類されたアルフレッディの標準和名には現在2つの案が提唱されているという。どちらの名称が採用されるか標準和名が決まり次第、紹介する予定だ。


*より詳しい情報は月刊ダイバー201012月号「マンタは1種ではなかった!」を参照ください

 

(写真/古見きゅう 岡 弥生)