夢かなう島、ジープ島

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook スタッフブログ instagram 月刊DIVER

夢かなう島、ジープ島

特集


ジープ島、そこは海、サンゴ、砂浜、空、星、人々…すべてがキラキラと輝くジュエリーアイランド。

月刊ダイバーが参加中の「のどごし夢の雑誌ドリーム」で、夢の舞台としてますます注目を集める今、うみカメラマンむらいさちさん撮影の写真で、ジープ島の魅力をたっぷりとご紹介します。

写真と文:むらいさち

ジープ島にかかる虹。
必ず見られるという保証はない。
でも、見えたときの感動、喜び、息を呑む美しさ—。

この一瞬の奇跡を求めてジープ島に行くのもいい。
行かなかれば、その奇跡に出会うこともないのだから。

海の中から見えるジープ島。
夢のような南国の島。

周囲111mの小さな島。
その小さな島をぐるっと
見事なサンゴ礁が取り囲む。

歩いて10歩。
極上のサンゴ礁の海で
スノーケリング。

年々増えているという
サンゴいっぱい
元気いっぱいの海へダイブ!

気持ち良さそうに泳ぐイルカたち。
ひらひらと舞うハナダイの子供たち。
そう、ジープ島はいきものたちにとっても夢の島。

そこでのびのびと暮らすいきものたちはとってもフレンドリー。
あたたかく私たちを迎えてくれます。


日が昇り、日が沈み
無数の星たちが夜空に瞬く

ジープ島にあるのは
人間が忘れてしまった
自然に身を委ねる生活と
そこで体感する
生きる喜び

夢かなう島、ジープ島

ジープ島はミクロネシア連邦チューク州のトラック環礁の中に浮かぶ小さな小さな島。
年間平均気温は30℃。常夏の島だ。雨期・乾期の区別はなく、1年を通してあまり変わらない。1〜3月はやや風が強い。
ジープ島へ行くなら、ユナイテッド航空でグアム経由チューク(モエン島)へ。飛行場から桟橋まで車で20分、ボートで30〜40分でジープ島へ。グアムまで約3時間半、グアムからチュークまでは約一時間40分。

★宿泊
ジープ島に宿泊できるのは、8名(最大15名)で、基本的に相部屋です。ジープ島には蚊がいないので、星を眺めながら外で寝てもOK!8名以上で貸し切りも可能。

★水
貯水タンクに貯めた雨水を使います。島では、雨水に頼った生活をしているので、水の無駄遣いには十分注意を。バケツの水がシャワーがわり。水洗トイレは使用後、バケツで水を流します。

★食事
食事は基本的に日本食。朝食はパンまたはご飯・卵料理、肉野菜炒め、おにぎりなど。夕食はバーベキュー、ハンバーグ、カレーライスなどです。コーヒー、ソフトドリンクは飲み放題♪
また、島は別名「BAR JEEP」と呼ばれているそうで、持ち込みは自由。自分の好きなお酒を持ち込んで乾杯!

★電気
島内の自家発電機で電気を起こしています。夕方点灯し、寝るときに消灯です。100ボルトでプラグ形式は日本といっしょ。デジカメの充電も可能です。


★ダイビング
ジープ島でのダイビングは、①リーフダイビング(インリーフ、アウトリーフ、キミシマ環礁)と②沈船ダイビングに大別できます。ジープ島のハウスリーフ以外はすべてボートダイビングです。
基本的に1日2ダイブ、ボートはモエン島のダイビングサービスが迎えにきます。
※チューク州でダイビングを行うためには、ダイビングパーミット(許可証)の購入が必要です。($30/1年間有効)


↓↓↓ジープ島公式サイトはこちら↓↓↓
http://www.jeepisland.com/

こんな素敵な島、ジープ島を貸し切って夢のダイビング体験ができたら・・・
その夢、みんなで叶えませんか?
月刊ダイバーが参加中の「のどごし夢の雑誌ドリーム」は、ジャンルの違う雑誌12誌が、それぞれの個性を生かした夢を提案、人気投票でトップ3に入ると、本当にその夢が実現するというもの。
月刊ダイバーのドリームは「品川祐と南の島を貸し切り!夢のダイビング体験がしたい!」です。

真っ青な海とサンゴ礁に囲まれたジープ島を貸し切って、イルカやカメが泳ぐ海でダイビング。夜は満天の星空の下で童心にかえって夢を語る…

そんな夢の体験をさらに盛り上げるのは、昨年ダイビングのインストラクターになった品川祐さん。その品川さん直伝の世界で一人目の講習生になることも可能!というまさにドリーム企画。

夢実現の模様は月刊ダイバー本誌や、Webで特集します。つまり、夢実現の主役になるのはあなたかも?

4月30日までたくさんの投票ありがとうございました!
みなさまの応援のおかげで、見事トップ3入りを果たしました。
つまり・・・本当に夢が叶います!
夢への応募は5月9日から。たくさんのご応募お待ちしております。
結果はこちら