ダイビング習うガイド

ダイバーオンライン

ダイビングスポットの検索、ダイビングライセンスの取得、ダイビングツアーを探すならダイバーオンライン

twitter facebook DIVERMAG instagram 月刊DIVER

最初の1歩 初心者講習

ダイビングはだれにでも楽しめるマリンレジャー。でも、「水中」という特別な環境に行くのですから、そのための知識と、必要な技術を身に付ける必要があります。そのために受けるのが「講習」です。講習をきちんと修了した証がライセンス(Cカード・認定証)です。

  • STEP00 ゼロからわかる!基礎知識
  • STEP01 スクールを探そう
  • STEP02 講習を申し込もう
  • STEP03 講習を受ける
イラスト/たばたしげひこ(Panari Design)

STEP00 ゼロからわかる!基礎知識

ダイビングスクールってなに?
 ダイビングをイチから教えてくれるのが「ダイビングスクール」です。ダイビングは水中という特殊な環境で楽しむレジャーなので、専門的な知識と技術が必要です。
 ダイビングに関心がある人なら「PADI(パディ)」や「NAUI(ナウイ)」という名前を聞いたことがあるでしょう。「PADI」も「NAUI」も、民間のダイビング指導教育団体。こうした団体では、長年の経験をもとに独自にカリキュラムを作成。加盟するショップ(ダイビングスクール)では、そのカリキュラムにのっとったダイビングの講習会を開催しています。
 講習を受けてすべてのカリキュラムをこなしたら、その修了証明としてCカード(=認定書。CはCertification=認定の意味)が発行されます。よく「ライセンス」という言葉が使われますが、行政機関が発行するライセンス(=免許証)とは異なるため、認定証もしくはCカードです。Cカードを提示することで、国内はもちろん海外でもきちんと講習を受けたダイバーとして潜ることができます。
ダイビングの指導団体
ダイビング(ダイビングライセンス)の普及とダイバー育成のために活動する民間の団体です。各団体はそれぞれの指導理念に基づいて講習のカリキュラムを組み、その内容を修了した人(ダイバー)にCカードの発行を行っています。講習を受けたインストラクターが所属する団体のCカードを受けとることになります。日本国内には、10以上の指導団体があります。
スクールはどこにある?
 ライセンス取得のためのスクール(ダイビング講習)をやっているお店は、「市街地=街なか」にも「海辺=海そば」にもあります。
 会社や自宅近くの「街なか」のお店なら、平日の夜や週末などの空いた時間を利用して講習を受けることができます。泊まりがけで出かけて、海そばにあるスクールで3~4日間集中して講習を受ける方法もあります。ダイビングツアーに力を入れている旅行会社の中には、沖縄や海外のビーチリゾートで初心者講習を受けるツアーを行っている所もあります。
 また、学科講習は街なかのスクールで受けて、海の実習は南の海で行うコースを設けているショップもあります。
ダイビングスクール比較検討
街なかのスクール   海そばのスクール
講習からダイビングツアー、器材販売からメンテナンスまでトータルにサポートしてくれる。沖縄や伊豆などの海そばに支店や提携店のあるお店なら学科は街なかのお店で済ませ、海での実習は海そばのお店で行うパターンもある。 どんな感じ お店近くのダイビングポイントに精通しており、講習のほか、ダイビングのガイド(案内)、タンクレンタルなどを行っている。人気エリアは伊豆半島、紀伊半島、沖縄、海外(サイパン、グアム、セブ、タイ)など。
学科やプール講習は空いている時間に受講、海洋実習は週末を使って1泊2日、もしくは日帰り×2回で行う。海洋実習を沖縄などで行う場合は2泊3日以上。 スケジュール 3~4日の泊まりがけで集中的に学科、プール(穏やかな海域で行うことも)、海洋実習を行う。日帰りや週末利用で通える海そばなら、何度か通って習うこともできる。
空いている時間を使えるため、会社などを休まなくてもいい
講習修了後も、ツアーやステップアップ講習などで全面的にサポートしてもらえる
スタッフやメンバーとの交流が盛んで、新しい出合いがいっぱい
メリット 海の条件がいい場所にあることが多く、楽しみながら講習が受けられる
沖縄や海外なら水温が高く透明度もいいためストレスが少ない
グルメや温泉、ショッピングなどを楽しめることも
ケアやサポートが手厚いぶん、料金は少し割高なことも デメリット お店が遠いため、講習修了後に通うのはなかなか困難。ペーパーダイバーになってしまいやすい
街なかのショップ 詳しくはこちら 海そばのショップ(現地までは自分たちで行く)

STEP01 スクールを探そう >>